和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

排水の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R2/01/01
───────────────────
 
あけましておめでとうございます。僕です。8時すぎに山から上がる初日の出を見て、地元の神社に初詣に行って、ニューイヤー駅伝とか見て、そんなことしていたらメルマガ書くのを完全に忘れていましたよ。あは。新年一発目からそんな調子ですが。ってことで、現在、午後2時でございます。今年もよろしくお願いいたします。
 
田舎に家を建てる時は下水に注意しろ、という話をします。ま、そのまんまですけどね。下水に注意。ポツンと一軒家的な暮らしをしたくて、土地を買って家を建てる。その場合に、電気は引けるかとか、飲料水は確保できるかとか、その辺のことは普通、考えるんですけど、下水について考えないで周りとトラブっちゃうことがあります。
 
まず、普通、田舎の下水がどうなっているかを説明します。都会だと下水道がありますよね。トイレでうんこしたら、じゃーっと流れて、下水管を通って、下水処理施設に行くわけです。そこで、流しても良いよねってぐらいにキレイにして、川とか海に戻すわけです。トイレのうんこも、台所の排水も、お風呂の水も、洗濯機の水も、全部、下水管を通って処理施設に行きます。日本国民の9割以上は、こんな感じで、別に下水の行先を気にすることもない生活をしているでしょう。
 
で。田舎の場合。新築で建てるんじゃなくて、築40年とかの家に住む場合です。うちの周りだと多いのは、ボットン便所です。汲み取り式ですね。トイレのおしっこやうんこは、そのまま、トイレの真下にある大きなタンクに溜められていて、それを2、3ヶ月したらバキュームカーで汲み取ってもらう、空っぽにしてもらう、というシステムです。
 
簡易水洗というのにすれば、いわゆるボットン便所じゃなくて、まぁ見た目は、しょぼい水洗トイレぐらいにはなります。普通のトイレっぽいトイレに、ちょこっと水を流して、でもそれは下水道には行かないで、ボットン便所と同じく、下の便槽に溜まるということです。本質的にはボットン便所です。でも、水を流すので、溜まるのが早いです。シンプルボットンの場合は3ヶ月に1回の汲み取りだったら、簡易水洗だと1ヶ月に1回、汲み取らないといけないとか。そのぐらいの違いです。
 
で、そういうボットン便所の家の場合、台所やお風呂の排水は、どうなっているのか。当然、下水道に流れているわけはありません。無いからね。正解は、そのまま、垂れ流しです。家の周囲の溝とかに、ただただ流れて、そのまま川とかに行きます。ワイルドだろぉ? アタックもジョイもキレイキレイも、すべてそのまま自然界に放出するという。環境問題に心を痛めている人なら、座り小便でバカになって飛んでっちゃいそうですが、そんなもんなんです。実際は。
 
で、これが一段、進化しますと、浄化槽になります。各家庭に小型の下水処理施設があるようなもので、我が家もそれです。トイレも台所も風呂の排水も全部、浄化槽に流し込んで、浄化槽でキレイにした排水を、自然界に放出する。うちの場合は、敷地内の谷みたいなところに放出していますが、街中だったら普通に家の周りの溝や、小川に流したりしますね。キレイにしてから垂れ流すのであって、垂れ流していることに変わりはありません。
 
普通、田舎に下水道はありませんから。というか、定義の問題ですが、下水道があるところなんか、田舎じゃないです。だから田舎には下水道が無いんです。Q E.D.。で、そんな田舎に家を建てようとした場合、普通は浄化槽になります。たぶん、まともに建築許可をとって建てようと思ったら、それ以外はアウトじゃないでしょうか。
 
法律を無視して、自分の土地だからと、セルフビルドで建てるのなら、トイレはコンポストトイレにして、一般排水は人工池に流し込んで生物浄化する、みたいな手もありますけれども。実際の生活においては問題なくても、法的にはアウトだと思います。ハウスメーカーが、そんな家を建ててくれません。
 
ってことで、ポツンと一軒家を建てる場合は、浄化槽を設置することが必要です。それでも、その下水の行く先には、注意をしなきゃいけません。つまり、下水を流す先で、田んぼを作っているおじさんとかがいた場合、その人が、やっぱり嫌な気分をするわけですよ。人の家の排水が、自分の田んぼ、自分が食べる米を作る田んぼに入ってくるのは気持ちが悪いと、そういう感情です。
 
そりゃ、浄化槽を使っているんだから、排水といってもキレイに浄化されているし。おそらく、普通の沢水の方が汚染されていますけど、そういうものじゃないですからね。トイレに箸を落っことして、キレイに洗ったから大丈夫だと言われても、やっぱり嫌でしょう。そういう類の問題です。
 
対策としては、まずは、排水先にそういう人がいないことを確認する、みんなに了承を得てから建てる。でも、どうしても相手が嫌だという場合。僕のオススメは、池を作ること。さっき、セルフビルドをするなら人工池を作って自然浄化システムを使う、みたいなことを書きましたが、自分の家の浄化槽から出る排水を、一度、池とか、田んぼとかに入れて、その池や田んぼのオーバーフローを沢に流す。これだと、ワンクッションあるので、そんなに嫌な感じがしないと思うんですよ。
 
パピルスとか、良いらしいですよ。エジプトの紙のパピルス。あれ、すごく丈夫な水草で、浄化力も強いから、水をキレイにしてくれるんですって。ま、そんなのを植えた池を作って、魚でも飼っておけば、大体はオーケーですよ。
 
箸の話で言えば、トイレに落として洗ったあと、1年ぐらい経った感じでしょうか。忘れますわ。何も変わっていなくても、気分が変わる。浄化槽からの排水は嫌でも、それが一度、池とか田んぼに入れば、そこから溢れた水は、池の水なのでオーケーなのです。まぁ、移住者は後から入っていくんですから、できるだけ先住者に気を使って、波風を立てずに暮らすに、越したことはないですからね。そんな感じ。また明日。チャオ!
 
──【おまけのはなし】────────
 
ゴーンさん、すごいね。やっぱ世の中、お金だな。100億円ぐらいの資産と、いろんなパスポートがあったら、自由が買えるんだね。どうやって出国したかの謎だけど、ハリウッドの脚本家に、この話を持っていって書かせたりしているんじゃないのかな、と予想。映画でネタバレしたら、みんな見たいから大ヒットするでしょ。で、日本が悪者になるみたいな。そんな予想。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━