和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

氷河期世代の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/12/29
───────────────────
 
ロスジェネ世代って言うんですか、氷河期世代って言うんですか、どうも僕もそうらしいんですけど。まぁ、毎度言うように、僕は就活も就職もしたことないので、実感としてはゼロですが、どうも不遇な世代なようですよ。かわいそうな世代なんですって。
 
年齢もアラフォーになってきて、独身の人は、もう一生結婚できないだろうなとか、もうキャリア的にも先が無いなとか、なんかそんなこと思っているらしいんですけど。ま、SPA!とかのネット記事を読んでいる限りの知識ですが。でも、みんながそう言っているから、本当にそうなんでしょうね。繰り返しますが、実感は全くありませんが。とても幸せに毎日を過ごしておりますが。
 
まぁ、若いかどうかなんて相対的なものですからね。ほんと、若返りたいのなら、田舎に来たら良いですよ。40は、どう考えても若者ですから。で、結婚すればいいじゃないですか。お互い、誰かと結婚したいと思っている人がいるなら、気軽に結婚すればいいんですよ。一人で生きるより、二人で生きるほうが、生活費も低いし、楽になりますから。もう40で、親戚縁者に気を使う必要もないでしょう。結婚したけりゃ、深く考えずに、適当に結婚すればいいんですよ。
 
田舎で結婚したら、うまくいく確率は高いと思いますよ。まずは、周りに知り合いがいないから。二人とも移住者だとしたら、ガラッと生活が変わるわけじゃないですか。知らない社会で、何とかやっていかないといけない。戦友感がありますからね。これを、都会での生活を続けたまま結婚しようというと、二人での生活の不便さとか、嫌な部分に焦点があたっちゃうんですけど。もっと大きな問題があれば、小さな問題は気にならなくなりますからね。
 
ポンと、田舎の一軒家に、二人で住む。やることや、問題が満載ですから。家をリフォームするかとか、日曜大工でするのかとか、周りの草刈りはどうするんだとか、ムカデが出たとか。共通の問題があれば、仲は良くなるんです。逆に、ある程度、満たされた生活の中では、協力しにくい。ということで、新婚での田舎暮らしは、オススメです。
 
田舎の家を買っちゃえばいいんですよ。100万円ぐらいで。で、住もうや、と。嫌になって引っ越しても、損失は100万円ですから。都会のマンションを買うような、大ごとでは、ありませんから。で、広い家だから、お互いの距離感も適度に保てるし、アラフォーカップルには良い選択肢だと思いますよ。
 
周りからも、若いご夫婦だってことで、歓迎されますから。で、周りから若いと思われると、本当に若くなりますから。そんなのは、気持ちの問題ですから。もうね、都会でお金だけ持って、この先どうなるんだろうとか、不安感にさいなまれているくらいなら、誰か、適当に結婚しようよ、と。50万ずつ出し合って、100万でどこか田舎に家を買って、結婚して住もうよ、と。生活費も安いし、何とかなりますよ。
 
そういう婚活サイトっていうのかな、移住サイトっていうのかな、あってもいいんじゃない? アラフォー世代をターゲットに、結婚して田舎に住みませんか、って、そこまでセットにして。DIYで住む前提で、100万円。家が100万円?と思うかもしれませんが、そりゃ、あるとこには、ありますよ。うちの周りも、普通に、ある。で、自分で材料費を100万ぐらいかけて、二人でリフォームして、素敵なおうちにするっていうやつ。どうよ、そんなの。
 
もう一度、若者になって、好き勝手に生きて行こうよという、それだけのことですよ。気軽に考えればいいんだけどね。調べたら、僕の世代の未婚率って30%ぐらいあるのね。いや、結婚すれば良いってもんじゃないかもしれないけど、結婚したいと思っている人がいて、男も女もそう思っているんだったら、すればいいじゃん、何とかなるよ、ってぐらいのことなんですけどね。気軽に生きろ、ってことですよ。そんな感じ。また明日。チャオ!
 
──【おまけのはなし】────────
 
白いニワトリと、茶色いニワトリを一緒に飼うと、白いのが茶色いのをいじめる。どうも、白いほうが強いらしい。体も、ちょっと大きい感じがあるしね。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━