和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

名前の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/12/26
───────────────────
 
おはようございます。僕です。年末年始、どうですか。皆さん、帰省とかするんですか。田舎に住んでいると、盆や正月というのは、帰省される側ですので、どっと人口が増えますね。僕は今年は帰省しませんが、する場合も、逆方向だから空いているんですよ。飛行機もガラガラ。年末に高知から東京に行き、年始に東京から高知に帰るというパターンですからね。人と違うことをすると楽に生きられるという、小さな一例ですが。
 
名前の話をします。キラキラネームとか、その辺の話題。さて。日本では古来より、名前というのは、何回も変わるものでした。子供の頃は「捨丸」とかいって、大きくなってきたら「千代之助」みたいになって、成人して家長となれば「京右衛門」みたいになるとか。
 
今でも、歌舞伎とか落語なんかは、出世すれば名前が変わりますよね。また、何百年も続く日本の企業だと、社長は、代々「何とか右衛門」を名乗るとかも、あります。菊正宗の社長は「治郎右衛門(じろえもん)」を名乗るらしいですけど。アレですかね、ゴーンさんみたいなのをCEOに据えても、治郎右衛門になるんでしょうか。カルロス治郎右衛門。それはそれで面白いですけれども。
 
なんで、そんなに名前を変えるのか。日本の場合は、名前とは「個人」に付随するものではなく、その人の「立場」に付随するものだからです。幼児という立場ならば、捨丸。社長という立場ならば、治郎右衛門。一方、西洋社会では、改名というのは基本的にありませんでした。なぜなら、名前とは神から与えられるものであるから、変わらないんですよ。お前はジョンだって言われたら、ずっと、赤ちゃんから死ぬまでジョンなんですわ。立派になろうが落ちぶれようが、ジョンなんですわ。
 
日本で、社長に対して「社長」とか、課長を「課長」と呼ぶのも、そうなんですよ。その人、個人ではなく、役割を重視するからです。「先生」とか「総理」とかも、そうですよね。個人名ではなく、役職で呼ぶ。対して、西洋文化だと、社長相手でも「ジョン」なんて言うわけですわ。「Mr.president」とか言わないわけですよ。
 
現代社会で「キラキラネーム」問題が起こるのも、根っこには文化の問題があります。日本人にとって、名前というのは、簡単に変えられるものだし、赤ちゃんだったら、赤ちゃんらしく呼びたいわけですよ。「大人になった時に困る」と言われても、いや、だって赤ちゃんだし、かわいい名前を付けたい、ってなっちゃうんですよ。伝統的な日本文化的には、キラキラネームは正しいのです。
 
日本人は本音では、赤ちゃんの時は「リリア」とか可愛らしい名前をつけて、大きくなって中学生ぐらいで「梨香」ぐらいに変えといて、大人になって政治家にでもなったら「聡美」ぐらいに変えるとかね。で、おばあちゃんになって隠居したら「松代」とか。そんなふうに生きるのが、一番、やりやすいと思うんですよ。
 
で、政府が今、マイナンバーを普及させようとしているじゃないですか。今ってか、ずいぶん前からやろうとしているけど、また新たにポイント還元みたいなのを付随させて強引にやろうとしているでしょ。ま、それはそれで必要なことだと思いますよ。手段の良し悪しは置いといて、国民を一元管理する必要あるってのは、分かりますから。
 
今は、基本的に、名前と生年月日で個人を特定するわけでしょ。でも、日本人だって一年で100万人近く、ってことは1日で300人ぐらい生まれているんだから、中には同姓同名で生年月日も一緒ってのも、ありますわな。そういうのは困るから、マイナンバーで一元管理ってのは、必要なことです。でも、だったら一方で、「名前による個人特定」の意味合いは低くなるのだから、改名のハードルを低くするべきだと思いますよ。
 
個人の特定という意味で言えば、名前というのは、意味を失っていくのです。だったら、自由に解放すべきであると、そう思います。それこそ、キラキラネームで困っている人とか、性同一性障害で異性の名前に変えたいとか、有名人と同姓同名で困るとか、いろいろ、あるわけでしょ。もう、フランクに自由に変えるようにしたらええやん、って思う。そもそも今だって、結婚すれば名前は変わるんですから。同じようなことですよ。やればできる。やろうとしていないだけのこと。
 
あ、この話は、最初にするべきだったけど、今、思い出したから言うわ。日本でFacebookが流行らない理由も、実名でやらなきゃいけないからですよ。ネットの実名出しが嫌だというのは、ネットが違う場だから、違う名前でいたい、ということですよ。ネットの自分は違う役割だから、名前を違うものにする。だから、ツイッターならOKなんですよ。実名じゃなくて良いから。欧米ならば、自己と名前というのは一致しているから、Facebookで問題が無い。
 
筆名(ペンネーム)とか芸名とか俳号というのも、同じです。違う世界に行けば、違う名前で活動するのが、日本人には当たり前なのです。「実名」は普通の社会生活で使っているから、「芸能」や「インターネット」では、別の名前を使いたいのです。
 
ってことで、自由に名前を変えられるようになればいいのにね、って話。そういう社会になったら、名前でスポンサー収入を得るやつとかも、出てきそうだけどね。「豊田カローラ」にするから、自動車を提供してくれないか、とか。でも、そんなのも含めて、自由度が高い方が社会の魅力が増すと思うから、良いと思うけどね。そんなとこ。また明日。チャオ!
 
──【おまけのはなし】────────
 
余った給食を持ち帰って、そんで懲戒処分されたっていう高校の先生がニュースになっていましたが。
 
食品ロスを出さない、かつ、持ち帰ってもいけない。これを両立させる解決策は、家畜だよね。豚とかニワトリを飼うこと。余った食品は全部、豚さんにあげればいい。そんで大きくなった豚さんを給食にすればいい。一石二鳥。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━