和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

高知新聞の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/12/25
───────────────────
 
最近、といっても2ヶ月ぐらい前からですか、新聞を取り始めたんですよ。高知新聞。なんか、高知では高知新聞のシェアが85%とかで、これは京都と並んでの強いローカル紙シェアだそうですよ。高知では、例えば病院の待合室の新聞とかでも、朝日とか読売みたいな全国紙は、あまり見ないね。不思議です。
 
高知新聞を取り始めたきっかけは、お世話になった人が亡くなったのですが、その亡くなったことを、僕は人づてに聞いたんですよ。で、僕に教えてくれた人も、元々は新聞で知った、と。うちの周りでは、新聞の訃報欄を見て、どこの誰が亡くなったという情報を得るのが、結構、普通だと知って。それなら、人付き合いもあるし、取らないかんな、と思って。そんで2ヶ月ほど前から購読しているんです。
 
人生初、ローカル紙なわけですが。面白いね。ちょっとしたイベントに行くと、そこに新聞の取材が来てたりして、普通に載ってるからね。学級新聞みたいな身近さですよ。小さな県だからね、知っている人の記事が載っていたりっていうのも、ごく普通のことなんです。
 
人間の生活圏の狭さというのかな。適切な範囲感。例えば、うちの町には町議が10人ぐらいいるんだけど、半分ぐらいは、普通に知っている人。町長も知っている人。知事も、まだ就任して1ヶ月も経っていないけど、2回ぐらい会った。そのぐらいの規模感なんですよ、高知県。東京に住んでいて、東京都知事に会ったことは一度もなかったけど、高知県知事は何回もあったことあるし、珍しくもない。
 
東京の人口が1000万人ぐらいですか。で、高知県が70万人。さらに、メインの年齢の人口、生産年齢人口的ややつ、それを20歳から60歳ぐらいとすれば、東京は600万人ぐらい、高知県は8人ぐらいですかね。すいません、昨日のクリスマスパーティーで風邪をぶり返して、ちょっと調子が悪いんですよ。キレが悪い。まぁ、言いたいのは、人口だけでも10倍ぐらい違うけど、生産年齢人口に限って言えば、より違ってくるだろうよ、20倍とか30倍は違うんじゃないの、ってことです。
 
そういう小さな県だからこそ、ローカル紙のような情報媒体の価値が上がる。自分に関係のあることが多いですから。安倍政権がどーのこーの、とか言われても、ふーんってなもんで遠い世界の出来事なんですが、高知の図書館を建て替える際に本を勝手に廃棄処分しちゃったよ的なニュースは、おいおいマジかよ的な感想になる。自分に関わることだからね。もし配布するなら、僕も貰いに行ったのにとか、そう思うから。
 
なんだろうか、香港のデモとか、シリアの情勢とかも、そりゃ知らないよりは知っている方が良いとは思うし、どこかで自分とも関係している問題だとは思うけど、実際問題、多くの人にとって、どうしようもない問題じゃないですか。そういうことに心を動かされるのって、あんま良くないな、と思う。自分の生活に関係のあることだけを気にして生きたら、みんな、もっと楽になるんじゃないのかな、と思う。
 
グローバル人材とローカル人材、みたいな言い方もされますが。で、グローバルの方が良い的な価値観もありますが。普通の、大多数の人にとっては、身近な、ローカルなことを気にして生きていく方が楽だし幸せだと思うんですよ。なんで香港のことをみんな知らなきゃならんねん、みたいな。香港より、地元の商店街がシャッター街になっていることの方が、大きな問題だろう、と。それが人間の正しい態度だろうと思うんです。
 
なので、高知新聞とかローカルニュースが面白いな、と。そんな感じ。ああ、マジで風邪、ぶり返してますわ。うどん食べて寝ますわ。また明日。チャオ!
 
──【おまけのはなし】────────
 
電気ストーブの方が、石油ストーブよりも、火事が起こっているよっていうニュース。
 
まぁ、こういうのって件数の比較じゃなくて、火事が起こる割合にしないと意味が無いだろうと思うんですが。そもそも電気ストーブの方が台数が多ければ、そりゃ火事も多かろうという。ただ、石油ストーブの方が「危なそう」だから、火事が起こりにくいだろうな、というのは想像つきます。
 
電気ストーブの上に洗濯物を置いて乾かすみたいな阿呆は想像つくけど、さすがに石油ストーブの上には置かないだろうしね。やっぱり「火」が見えているというのは、恐怖心を煽りますから、気をつけようと思うんじゃないかな。
 
そういう意味で、薪ストーブも、意外と安全だと思うんですけど。我が家、稼働させて8年ぐらいですが、子供が火傷したってことも無いし、ボヤが出るようなこともない。あ、一回、危ないことがあったな。何年か前の話ですが。灰を捨てたら、その灰の中の火種が段ボールにうつって、ちょっと煙が出たってことはありましたが。それぐらいですね。灰は燃えない、と思っていたから、油断していましたわ。
 
薪ストーブは、火そのものが燃えているから、子供でも、こりゃ危ないって分かるんでしょうね。気をつけています。ま、電気ストーブにバスタオルを掛けて乾かそうとか思わないように。死ぬるよ。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━