和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

神祭の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/12/13
───────────────────
 
おはようございます。僕です。朝から神社の掃除に行ってきて、帰ってきたところですよ。なんか、よく神社の掃除に行っていると思われるかもしれませんが、3年に1回だけなのでね。今年の12月31日までが、我々「南組」の当番で、来年と再来年は別の組が行います。
 
うちの集落の人口は150人ぐらいなんですが、それを3つの組に分けてます。「南組」「中組」「北組」です。で、3年に1回、当番が回ってくる。その当番の年は、6回ぐらいの「神祭」があり、前日に掃除をするわけです。明日は、霜月の神祭ってのがあって、意味はよく知りませんけれど、12月のお祝いですかね。ちなみに、神祭と書いて「じんさい」と読みますが、これって高知ローカルらしいですよ。他の土地では、そういう言葉は無いらしい。
 
朝から、ブロワーで落ち葉を吹き飛ばしての掃除ですよ。ブロワー、良いですよ。落ち葉を竹ぼうきで掃いている人、ぜひ、ブロワーを購入なさい。気持ち良いほどに吹き飛びますから。音がすごいから、その間、オーディオブックとかは聞けないんだけど、あれですよね、最新のエアーポッドはノイズキャンセリング機能、あるんでしょ。ひょっとしたらブロワーやりながらも、聞けるかもしれない。ま、ブロワーで掃除して、幟(のぼり)を建てて、と。そんな感じのことをやってきました。
 
まぁ、こういう地域の行事って、面倒くさいから嫌だっていう人も多いですし、でも参加しなかったら村八分的なことになるかも、とか、そんな話もよく聞きますわね。僕は、その辺の「温度」っていうのも、これは集落それぞれで違うので、本当に一概には言えないと思ってます。ただ、うちの集落の場合は、参加したら感謝される、出なくてもまぁしょうがないよね忙しいし、的な雰囲気なので、やりやすいですね。プラスポイントだけで、マイナスポイントが無い。
 
僕も実際、今年の前半の神祭は全く忘れていて、普通にすっぽかしていましたからね。だからって、我が家の玄関に子猫の死体が吊るされることも無いわけでして。非常に懐の深いというか、良い意味でいい加減な性格の集落だと思います。そういうところは、移住して住むのも、やりやすいと思いますよ。
 
いや、ほんと、新聞とかローカルニュースとかで、何百年も続いてきた伝統の祭りに移住者が参加、みたいなのを見ると、うわぁ大変だな、と思いますよ。踊りとか、農村歌舞伎とかを、練習したり。ほんと、そんなのが無くて良かった。「ヤベェ祭りが無いこと」は、移住においてのアピールポイントですよ。
 
だけど田舎の人は、祭りを誇りにしてたりするから、逆に地域の祭りをアピールしちゃったりする。我が村には、こんな素敵な祭りがあるんですよ、一緒に守っていきましょう、みたいな。いや、そうじゃなくて、うちはヤベェ祭りがありません、っていうのは、良いアピールになると思うんですけどね。
 
うちの集落のような「適度な祭り」は、僕は、あったほうが嬉しいですね。あって良かったと思います。ご近所の皆さんと神社で拝んでとか、普通に、良い気分になりますよ。心が清浄になる気がしますよ。神祭の直後にガチャを引いたらSSR、出そうな気がしますもん。
 
僕は東京育ちですから、地域のお祭りとか、神社にお参りとか、全く無かったですからね。東京でも浅草の三社祭とか、そういうところには祭りもあるだろうけど、僕の故郷は、ごく普通の歴史の無い住宅地でしたから。高知に来て、住んだら勝手に「氏子」になって、じゃあ神社でお参りして、ってことになるわけですが。なんていうか、聖なるものの下にいる安心感というか、そういうのは、感じますね。自分の責任を放棄できる感じっていうのかな。
 
ストレートに、良いものだと思っています。どこかの宗教の庇護下にあるというのは。宗教、ってほど宗教じゃないのに、ただの神社なのに、そこはかとない安心感がありますからね。イスラム教ガチ勢とかは、さぞかし安心感があるんだろうな、と思います。宗教の縛りがきついほど、これだけやっているんだから、逆に利益があるはず、守られているはず、という確信が得やすいからね。ま、そういう、心の面での利益というのは、普通に感じるんですよ。
 
あと、現実的な利益としては、いろいろな情報がそこで入ってくる、ってのもあります。友達が引っ越し先を探しているんですけど、どっか良い家、無いですか、とか。そういう類の話は、神社の掃除の場で決まったりする。飲みニケーションならぬ、神(かみ)ニケーション、みたいな。うまくないね。山田くん、あいつ布団で簀巻きにして土佐湾に沈めちゃいなさい。
 
なんの話をしようかな。お前、今まで神社の話をしとったやないか、と突っ込まれそうですが。そう、昨日、オススメ未体験イベントの話を聞いて、そしたら「スラックライン」という提案をいただいたのですよ。
 
なんじゃそれ、と思ってググったら、あ、見たことあるわ、と思った。二本の木の間にロープみたいなのを渡して、その上を綱渡りみたいにするやつ。面白そうやん。木、たくさんあるし。そんなに高くないんだね、アマゾンで5000円ぐらいでセットを売っていましたよ。ポチりました。やってみます。サンクスです。また明日。チャオ!
 
──【おまけのはなし】────────
 
明日は神祭に、夜は集落の総会。でも、夜は別件で、NPOの忘年会にも出なきゃいけなくって、忙しす。師走ですね。現代の教員は常に忙しいから、あまり師走という言葉にピンと来ませんが、昔は、呑気な職業だったのでしょうね。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━