和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

気圧差・気温差の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/11/16
───────────────────
 
おはようございます。僕です。寒いですね。今朝は、ガッツリと霜が降りていましたよ。冬ですわ。でも、日中は晴れて気温がぐーっと上がるんですよね。気温差が激しい。
 
うちの周りは米どころなのですが、美味しい米を作る条件の一つが、昼夜の寒暖差が激しいことです。寒暖差が激しいと、米が自分の身を守るために(凍結を防ぐために)糖分を増やすとか何とか。で、美味しくなるんだって。だから基本的に、平野部の米よりも、山間部の米の方が美味しいのです。だけど山間部の田んぼは、棚田が多いから作業効率が悪く、味を前面に押し出したブランド化をして高価格化しないと厳しいよね、みたいなこともある。
 
経済的な米の話は後日するとして、今日は昼夜の寒暖差が激しい、って話です。で、寒暖差ってのは、米にとってストレスなわけですよ。ぬくぬく育つ平野部の米と違って、山間部の米は厳しい環境で育っている。で、この「厳しい環境」は、米だけじゃなくて、人間にも厳しいんですよね。
 
気温の上下とか、もしくは気圧の上下とか、あまり目に見えないものですし、室内で働くことの多い現代の人は気にしないと思いますが。これ、結構、人間の健康に影響を及ぼしていると思うんですよ。最近は気圧病っていうのも市民権を得てきて、気圧病を専門に扱うお医者さんも開業したとか、ニュースで見た気がする。
 
天気が悪くなると膝が痛むとか、頭痛がするとか、あるじゃないですか。あれは気圧の変化で体調が崩れているんですよね。また、寒暖差が激しいというのもストレスになる。山暮らしは、広い土地で周りを気にせず、楽しいところもたくさんありますが。嫌なことの一つが、寒暖差や気圧変化が激しいこと。うちは標高550メートルですが、海抜10メートルのイオンモールと比較すれば、登山しているみたいなものですから。買い物登山。
 
その分の気圧変化もあるわけですよ。イオンで1000ヘクトパスカル、我が家で950ヘクトパスカル、みたいな。台風の時の気圧降下が960ぐらいですから、標高が500メートル上がるってことは、台風以上の気圧降下があるんですよ。山に暮らそうと思ったら、その辺の気圧変化が大丈夫か、確認しておく必要がある。
 
また、気温も7度ぐらい違いますからね、我が家とイオンで。その気温変化も大丈夫か、とか。ぶっちゃけ、ある程度、体が丈夫じゃないと、山で暮らすのは厳しいです。ちなみに僕は丈夫だから、イオンと我が家を行き来しようが、全く何とも思わないですけれども。
 
まぁ、気圧とか気温の変化って人間にとってストレスなんだな、と思う今日この頃です。なんでそんなことを思うようになったかというと、ハワイで少し、暮らしていたことがあるんですよ。2、3ヶ月ぐらいですけど。その時、まぁなんて気候が良いんだ、と思った。正直、他の部分は日本の方が良いですけど。特に、ハワイの食材はひどい。高くて不味い。美味しいのは肉とアイスクリームだけ。日本語も通じねぇ。だけど、それらの欠点全てを補ってあまりある気候の良さ。
 
ハワイだと1日の気温差が7度ぐらいしかないんです。最低18、最高25、みたいな。それが今、うちの周りだと、最低0、最高18ぐらいですからね。それが身体的に心地良いの。ぬるま湯ですよ。こりゃ腑抜けるわ、と思った。でも、その分、長生きできそうだな、とも思った。人間、歳をとってくると、死ぬのは大抵、冬ですから。僕は年をとったらハワイに住もうと思いましたね。長生きするために。あ、今、721歳ですけど。
 
で、そうなると、よく日本人の言う「日本には四季がある」って、負け惜しみにしか聞こえなくなってきた。四季が無くって、ずっと適温の方が良いもん。人間の健康的に、ずっと適温の方が良いのは、確実ですよ。熱帯魚だって飼うなら、温度管理をしっかりしなきゃいけないでしょう。人間も同じ理屈だよな、と思うんですよ。
 
そもそもホモ・サピエンスはアフリカで誕生しているんだから、雪の降るようなところに住むのはおかしいんだよね。猿の仲間で雪の降るところに住んでいるのは、人間以外では、ニホンザルだけですから。基本的に、サルは暖かいところの動物なんです。人間もそうなんです。だから、今朝みたいな霜の降りる日には、ああ、寒いな、と思うんですよ。寒いって思うってことは、適していない、ってことです。だから灯油ストーブをつけます。
 
気圧病とか、気温差で調子が悪くなるとか、そういう話って表に出にくいんですよ。なぜなら、社会の真ん中にいるのは、体が丈夫な人だから。ガンとかエイズは、体が丈夫な人でもなりますから、そういう人が発言をする。丈夫な人にも、身近な問題だと感じられますから。だから記事も溢れ、世間の耳目も集める。
 
けれども、気圧変化や温度変化での体調不良ってのは、「丈夫な人」は、なりませんから。社会の中枢で活躍している人で、気圧変化で体調が悪くなる、なんていう人は、ほとんどいませんよ。飛行機に乗るたびに頭痛してたら、ビジネスマンなんか出来ませんから。寒くなったから体調が悪い、とか言っていたら、社会の真ん中に行けませんから。だから、そういう人の発言は、世に出にくい。でも、実際はある。思われている以上に、たくさんあると思います。
 
田舎暮らしをしようと思う時に、注意すべきは、身体的なストレスです。つまり、田舎暮らしにオススメなのは、体は丈夫だけど、精神的なストレスとか、自然が少ないことのストレスで、都会で疲弊してしまっている人です。そういう人は、田舎暮らしをしたら、健康に、幸せになると思いますよ。一方、あまりオススメできないのは、体が弱い人。台風がくると頭痛がする、みたいな人。そういう人は、ハワイに行ったらいいです。冗談じゃなくて、結構、マジなところで。
 
ハワイじゃなければ、マレーシアの高原リゾートとかも良いと思いますよ。空気が悪そうなのが玉に瑕ですが。ま、体調が悪いな、周りの人と比べて自分は病弱だな、とか思っている人は、1ヶ月ぐらいハワイで暮らしてみてください。1週間だと体調変化が起こらないから、1ヶ月以上が良いですよ。ひょっとしたら、劇的に体調が良くなるかもしれない。その場合、原因は日本の気候だった、ということです。熱帯魚が冷たい川に住んでいたようなものですよ。そりゃ体調悪いの当たり前だろ、みたいな。
 
あと、もし1ヶ月ぐらい滞在するなら、ホテルとかは超高いから、エアビーとかがいいよ。LCCで行ってエアビーで滞在したら、そんなに、お金かからないので。あと、サトウのご飯とか、インスタント味噌汁とか、ありったけの日本食を持って行ったらいいよ。そんなとこかな。また明日。マハロ!
 
──【おまけのはなし】────────
 
昨日、水が止まりました。前回、お伝えした時から、どのくらいだろう。2週間ぐらいかな。自然に詰まって止まりましたね。落ち葉が多い季節ですから。取水口が詰まりやすいです。で、子供を連れて水源に行き、復帰作業を伝授。数年以内に、業務を譲り渡したいなと思います。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━