和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

細木数子の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/11/11
───────────────────
 
お、1並びですね。令和1年11月11日。縁起がいいですね。いや、知らないですけど、縁起がいいと思っておきましょう。おはようございます。僕です。先ほど、デンマーク娘×2を高速バス乗り場まで送ってあげたところですよ。元気に旅立って行きました。
 
二人は直島に行くんですって。知ってます? 直島。瀬戸内海の島で、フェリーでしか行けないんですけど、まぁ外人さんに人気ですわ。うちに来る人も、直島に行く、もしくは既に直島に行ってきた、そういう人は多いです。東京、京都、大阪、広島、直島、そういう感じで並ぶレベルで、直島は有名。芸術の島なんですよ。美術館とか、いろいろあって。まぁ詳しくはググってください。
 
で、高松まで高速バスで行って、そこからフェリーで行くんですが。外国人旅行者にとって、高速バスってのは安いし、人気なんですけど、ホームページが英語対応じゃないのが面倒くさいね。だから大体は、僕が代わりにクレジットカード決済して、その分の代金を現金でもらう、みたいな対応をしています。日本語オンリーのサイトしかない高速バスは、相当な潜在顧客を逃していると思いますよ。サクッと英語ページを作ったら良いですよ。
 
さて。昨日、「細木かおりが芸能人に物申す!」みたいなテレビ番組を見ていまして。細木数子さんの娘(養子だけど)らしいです。ま、後継者ですね。うわ、またすげえのが出てきたなと思って見ていたんですよ。
 
皆さんご存知かどうかは知りませんが、ていうか僕も昨日まではご存知じゃなかったんですが、細木数子さんの占い、六星占術っていうのは、生年月日から何星人か、みたいなのを弾き出すんですよ。「あなたは木星人プラス」とか、小泉孝太郎に言っていましたが。あ、小泉ジュニアが何星人とかは適当ね。覚えてない。ま、そんなテレビを見ていたんですよ。
 
で、ふと、自分は何星人だろうと思って、スマホでググってみたんですよ。細木数子さん自体は、それこそ20年ぐらい前にテレビに出まくっていた時に、視聴者の一人として、存じ上げていましたよ。海砂利水魚の横にいるヤベェおばさんというイメージ以上のものは、ありませんでした。何占いをしているとかも、全然知らなかった。ま、当時はスマホも無かったから、何星人か調べようと思ったら、かなり面倒くさかったしね。今、そんなテレビを見つつ、自分が何星人かを調べられる。便利な時代です。サンキュー、ジョブズ
 
公式サイトで、ただ生年月日を入れるだけですよ。僕は金星人マイナスでした。で、金星人マイナスの人の性格はとか、いろんなことがズラーっと出てくるんですよ。以下、金星人マイナスの12個の特徴をお伝えしますね。
 
1、マジメな努力家ではない。
 
いきなりディスられましたが。まぁ、当たっているかなと思います。いわゆる、嫌なことを続けるという意味の「努力」は、やりませんから。就職したことないけど、もし就職したとして、その仕事に意味が見出せなかったら、すぐに辞めると思うし。「マジメ」とは何か、「努力」とは何か、考えればキリはありませんが、細かいことを気にせず、一般的な観念で言うのであれば、当たっております。マジメな努力家では、ありません。
 
2、流行にかなり敏感
 
うーん、どうなんでしょうね。環境が環境ですからね。ただ、新しいものは好きだし、追おうとは思う。それに乗るか否かはともかく、新しいもの好きではある。ネットが繋がっていなかったり、山奥に住んでいたから、強制的に流行から隔離されていたという環境を別にすれば、まぁ、こちらも当たっていると思います。
 
3、常に意識は外に向いている
 
細木数子さんの言葉によれば「常に落ち着きがなく、じっとしていられない」だそうです。「夜、寝ている時間も惜しんで、行動したがる」とのこと。さらに「睡眠時間が短く、不摂生なので、寿命が短い」だとよ。うるせぇよ。ま、でも当たっていると思う。今は、夜、外に出ても危険しかないから出ないし、自然環境の中で早寝早起きになっているけど、都会で暮らしていたら、完全に寝不足生活を送るよね、僕は。そういう意味では、田舎に来て寿命が延びたと思います。
 
4、常にスポットライトを浴びていたい
 
これは、どうなんだろうね。ま、あるかなとも思いますが。こういう文章を書いてメルマガとかNoteとかに載せようとしている時点で、少なからず、スポットライト欲求は、あるのかもしれない。小学校3年生の学芸会でも、その他大勢の役は嫌で、準主役的なところに立候補したし。「寿限無の和尚さん」でしたが。おかげで、今も寿限無はフルでスラスラ言えますけどね。その通り!とは言えないまでも、ま、あるかなと思うぐらいの当たり度です。
 
5、社交的
 
「人当たりが非常に良く、初めての相手とでもすぐに打ち解ける」とのこと。これは最近、その能力が開花してきているな、とは思います。昔はそうでもなかったけどね。田舎に来て、いろいろな人と付き合う中で、こういうのが得意なんだなと思ってきました。例えば、集落の中で互いに中の悪いAさん、Bさん、Cさんがいたとして、この全員と仲が良いのは、集落の中でも僕しかいない、なんていうことが普通にあります。当たっています。
 
6、自由人
 
「自由奔放で束縛を非常に嫌う」。で、「お金のためでも、コツコツ、嫌々していく仕事は長続きしない」だってさ。たしかに、穴を掘って、また埋めもどす仕事を、日給10万円でやれと言われても、やらないだろうな。そんな仕事をどこが発注しているのか、知りませんが。当たっております。
 
7、過去のことは気にしない
 
「常に前を向いて前進している。ただ、過去の失敗や経験を全く気にしないので、次に生かすことができないで、同じ失敗を繰り返す」とのこと。うるせぇよ、と思わないでもないですが、まぁ、これも当たっていますね。っていうか、過去のことをすぐに忘れてしまうのでね。同じ失敗を何度かしているのかもしれないけど、それすらも忘れているから、分からない。あれ、認知症かな?
 
8、瞬発力と行動力がある
 
もう面倒くさいからコピペするね。「将来のことを考えて終わるだけのタイプではありません。思ったら直ぐに行動をするスピード感があり、誰よりの素早く行動し、結果を出したいと思うところがあります。その為、多少のリスクがあっても恐れずに進むところがあります。仕事においても、プライベートにおいても常識的なことに囚われず、縛られることもないので、何足ものわらじを履くこともあります。金星人マイナスの人は、会話のキャッチボールもスムーズでもあります」だってさ。
 
9、お金に困ることは無い
 
コピペ。「金星マイナスの人は、お金が無くなったらどうしようとか、お金持ちになりたい、お金を増やすためにどうすればいいのか、などと考えないそうです。お金に執着しなくても必要最低限が金星マイナスさんには、流れてくるので、お金に困る経験なども少ないようです。なので、お金のことを日頃から考えている貪欲な人を引き寄せることもないというのが特徴的です」だって。たしかに困ったことはないし、あんま考えてもいないね。どうにかなると思って、どうにかなってる。
 
10、合理主義者。
 
コピペ。「とにかく無駄なことを嫌います。無駄が嫌いなので、日頃より計画を立て実行に移すため、理に合ってないことを選択するやり方はしません。何が効率的か、情報に惑わされずに、物事を進めるところがあります。付き合いが浅い人には、冷たい印象を与えることもありますが、感情よりも理性を尊重するタイプでもあります。金星人マイナスの人が考えるデートプランは完璧です。仕事においても素早く完璧にこなすことができるので、いわゆるできる人という評価をもらうでしょう」
だとさ。デートプランとか考えたこと無いけど。普通、考えるの?デートプラン。あと、自分で言うのはアレだけど、仕事はできると思う。就職したことないけど。
 
11、独特なセンスが評価される
 
コピペ。「その時代に合ったセンスはピカイチのタイプです。流行に敏感で、自分から発信することも好きな金星人マイナスさんは、個性的なオシャレを楽しむ傾向にあります。もちろん、その個性的なオシャレを支持してくれるファンや同意してくれる人もいます。伝統などの古い時代のことを重んじるタイプではなく、上手に現代と調和させるセンスもあります。迷信や占いなどにも興味がなく、信用しないのが金星人マイナスさんなのです」
だとさ。オシャレは、環境が環境だから、楽しもうとも思ったことがないけど。迷信や占いに興味が無いのは、そうです。ま、今、六星占術をがっつり発信していますが、基本的に、全く信用していません。
 
12、ルールが嫌いなマイペース
 
コピペ。ラスト。「自分のペースを乱される事を嫌うところがあり、ルールを押し付けられることも嫌う傾向にあります。特に周囲から「こういうものだ」「それが、当たり前」などと言われると反発するところがあります。一般的と言われるようなことが苦手で、独自の世界感を広げていくマイペースなところがあります。子どもっぽいところがあるので、合わせてくれるような関係性を好むところもありますが、根は悪い人ではありません」
ですって。うーん、どうでしょう。根は悪い人じゃないとか、いや、僕、パッと見でも良い人だと思いますけどね。もちろん、根も良い人。良い人は自分でそう言わない、とか言われそうですが、まぁ本当に良い人なのだから、しょうがない。
 
と、延々とコピペ祭りをお送りしましたが。何が言いたいかと言うと、結構、当たっているってことです。ほうほう、面白いなと思って、生年月日を知っている人、つまり親戚縁者や家族をガンガンと何星人のプラスかマイナスかを見てみたんですが、なかなか当たっている。あれ、細木数子はリアルに神なのか? クソババアに神が憑依したのか? と思いましたよ。
 
ま、身も蓋もないことを言いますが、こういう占いは、誰にでも当たるように出来ているとは思いますよ。「社交的」とか「合理主義者」とか、誰でもそういう一面は持っていますからね。何も当てはまらない、なんてことは、普通、無いんですよ。で、誰もが当たってる!って思えるということは、占いとして、とても出来が良いのです。だから、これだけ流行ったのでしょうね。
 
楽しかったですよ。かなり前のめりに六星占術を楽しませていただきました。いや、占いって良いものですね。僕の思う占いは、行動を一歩、後押ししてくれるものなんです。違うなと思えば、違うで、捨ててしまえば良いだけの話なんですよ。良いことを、当たっているなと思って、一歩を踏み出す勇気を与えてくれるのが、占いです。
 
「お金に困ることはない」と言われたら、嬉しいし、そう思って行動すれば、実際、お金に困ることは無いと思いますよ。そういうものですよ。優しい人だと言われて、そうか、やっぱり私は優しい人なんだと思えば、優しい人になるんですよ。だから、必ず当たるんです。当たらないなと思った人は、そもそも、しつこく検証しませんから。その、当たる度合いが高い、これは私のことを言っている、と思わせる度合いが高いのが、良い占いです。六星占術は、良い占いだなと思いましたよ。
 
東洋でも西洋でも、そして名も知れぬパプアニューギニアの民族も、長年、いろいろなタイプの「占い」をしてきたと思うんですよ。人間文化のあるところ、占いがある。それって、迷いを取り去るためのものだと思うんです。自分はこうありたい、そういう願いを後押ししてくれるもの。だから、積極的に利用するのは、アリだと思うんですよ。科学的に生年月日で運勢とかあり得ないじゃん、とか言うのは無粋ですよ。分かった上で楽しむのが、正しい楽しみ方じゃないのかな、と思う。
 
まぁ、六星占術が楽しくって、細木数子すげえなと思ったんですよ、マジで。細木数子が作ったのかどうか、真実のところは知りませんが、あの人が矢面に立っていることは事実じゃないですか。だから、あの人は、いろんな矛盾を抱えて、苦しみの業を背負っているんですよ。ありもしないことを真面目に語って、世界の矛盾を背負っているんですよ。闇ですよ。闇、深すぎですよ。その分、人々が晴れ晴れとした顔で、細木数子に責任転嫁して、いろいろなことにチャレンジできるんです。キリストですね。人々の業を背負うキリストです。
 
「儲けたいと思ってやってるだけでしょ」というツッコミもあるだろうし、そういう面も当然、あるだろうけれども、それ以上に、苦しみが大きいと思うなぁ。じゃなければ、あんな嫌らしい顔にならないよ。なんか、褒めているんだか、けなしているんだか、分からないですけれど。いや、褒めても、けなしてもいないね。すごいな、と思っている。細木数子、すげえ。日本史上最大のベストセラー作家は細木数子ですが、さもありなん、と思いますね。
 
天国も地獄も実際には無いと思いますが、もしあるとすれば、細木数子先生は地獄に落ちると思いますけど。でも、それは人々の業を背負ってのことですから。きっと、お釈迦様が救ってくれると思いますよ。多分、死んだ後、再評価されて、数十年後ぐらいにはNHK連続テレビ小説の主人公になっていると思うよ、細木数子。楽しませていただきました。今後も、金星人マイナスとして、運命に身を委ねて生きていこうと思います。ありがとうございました。
 
──【おまけのはなし】────────
 
出先のファミマで書いていますが、細木数子の話。初めてファミマのワイファイを利用したけど、面倒くさいね。アプリをダウンロードして、メアド登録して、と。むう。ワイファイって、もう、国策で日本全国に張り巡らせられないのかね。最終的には、そうあるべきだと思うんですけどね。道路とかと同じ、基本的なインフラとして整備したらいいと思うんですけどね。
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━