和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

はじめましての噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/11/02
───────────────────
 
はじめまして。僕です。あれ、ついに認知症がやばいことになったかと思いましたか? ま、そういうことじゃなくて、今日からメルマガ以外の媒体でも読めるようにしようかな、と思ったのですよ。なので、たぶん、はじめまして的な人がいるだろうなと思っての「はじめまして」です。はじめまして。僕です。よろしくお願いします。
 
とりあえず「エッセイ 投稿」でググって、めぼしいところーーNoteとカクヨムとLINEノベルに、メルマガと並行して載せていきますよ。正直、メルマガ読者さんの中にも、今の時代にメルマガとか読まねぇよと、密かに思っていらした方もいるでしょうから、そういう方は、これを機に媒体を鞍替えしたらよろしいかと思います。新しい読者さんの方に、本家のメルマガの方を紹介しておきますね。まぐまぐから配信している「和噺」と言います。100日ぐらい前から配信しています。
 
 
関東ローカルで巨人戦を6時半から放送していて、7時から全国ネットになった途端に「さあ、始まりました、巨人阪神の25回戦」とか、人が変わったようにアナウンサーが言い出すじゃないですか。あの雰囲気ね。あ、ここから見始めた人もいるんだ、みたいな。僕は子供の頃、あのアナウンサーの口調の変化と、あと「一部の地域はここで放送終了です」のセリフで、世界の広さを知ったものです。その頃は、将来の自分が「一部の地域」に住むなんて夢にも思わなかったですが。
 
自己紹介しておきますと、東京出身ですが2006年ぐらいに四国の山奥に引っ越して、ヤギとか飼って暮らしています。2007年から2010年ぐらいまでメルマガを発行していたんだけど、2011年からネットも繋がらない山奥に引っ越して、それからネットの無い生活を送ること8年ほど。やっとネットが繋がったので、昔やっていたメルマガを復活させて、今、100日ぐらい経ったところ。
 
で、やっぱり今の時代、メールマガジンとか読まないじゃん、ということに薄々は気づいていたのでね。文章は読まれてこそ完成するとの思想の下、NoteとカクヨムとLINEノベルにも触手を広げていこうと、そういう次第です。内容は田舎暮らしについてーーと毎度、自己紹介の時は言っていますが、メルマガ読者さんはご存知の通り、田舎暮らしの話はたぶん全体の30%ぐらい。基本的に雑談です。ちなみに過去ログは、まぐまぐからは何故か読めないので、はてなブログから読んでいただければ、よろしいかと思います。
 
 
さ。そんな感じです。では参りましょう。おはようございます。僕です。明日は運動会ですよ。町民運動会。小さな町の、さらに小さな村々が、それぞれのチームを組んで運動会を行うという、なかなか盛り上がる行事が行われます。
 
我が「町」の人口は3500人。僕が移住してきた2006年には4500人ぐらいだったと思うんですが、年寄りが死んで赤子は生まれぬという、世紀末感あふれる土地柄ですから、10年ちょっとで1000人、減りました。毎月、町が発行している広報に、その1ヶ月で死んだ人と生まれた人が載るのですが、10人死んで2人生まれる、みたいな感じですからね。そりゃ、そうなりますわ。ま、そんな町に住んでいます。
 
で、その「町」の中にも、いろいろな「地域」があるのですよ。昔は「村」だったのですが、明治から昭和にかけて合併だの何だので、一つの町になったのです。しかし、地理的には離れていますから、今も、別々の地区、みたいな雰囲気は強いです。そんな「村」が、我が町には8箇所ぐらいあります。
 
で、明日の運動会ですよ。町を、地区ごとのチームに分けての対抗戦です。全部で10チームぐらいかな。町の中心部に、4地区。そして山間部に、6〜7地区。山間部の地区は、人が少なくなってくると、近所と合併して一つのチームになったり、また、それも無理になると消滅したりしますから、全部の村が出るわけじゃありませんが。まぁ、そういう感じのチーム分けになっています。
 
で、若い人が住んでいるのは、やっぱり町の中心部が多いのですよ。山間部で生まれたけれども、結婚を機に町中(それでも田舎は田舎だけど)に出てきて新世帯を作る、というのは、この町でのメジャーなルートですから。ですから、町の中心部のチームは強いんですよ。もう実名を出しちゃいましょうか。3区です。3区チームが、鬼強い。13年連続チャンピオンかな。10チーム参加の大会での13年連続チャンピオンって、凄まじいですよ。カレリンか、吉田沙保里か、3区か。そう言われるほどの絶対王者です。
 
まぁ、何がすごいって、競技の中には「運ゲー」も結構、あるんですよ。「くじ引き」とかね。本当にありますからね、運動会で「くじ引き」。もう歩くのも精一杯という高齢者もいらっしゃいますから、そういう方が参加するのが「くじ引き」です。正式には「富くじ」と言いますが。10人ほどの選手が、1人1本ずつ紐を引いていって、結んでつなげて、一番長いチームが優勝という、100%、運に頼ったゲームです。
 
そういうのがあるにも関わらずの13年連続チャンピオンですよ、3区。鬼です。鬼強です。で、我がチーム。僕が住んでいるのは山間部の村です。我が家はその中でも一番奥の、まさに「ポツンと一軒家」みたいな土地です。家から見える人工物は数キロ先の高圧電線のみ、という暮らしです。ま、それは置いておいて。その山間部の村でチームを作るんですよ。今までは、いつも最下位争いをしていたようなチームだったんですが、最近、覚醒しまして。一昨年が3位、そして昨年は2位。絶対王者「3区」を脅かす存在になってきたと自負しています。
 
我が村、躍進の原因が、アウトドア系の移住者です。近くにラフティングとかをやっているアウトドアの会社ができて、そこの住人が何人か、我が村に移住者として住み着いたのです。これが強い。スポーツマンですからね。リレーとか、超早い。明日は休日ですから、ほとんどの人が勤務日なんですが(客商売だからね)、仕事を抜け出してきてリレーだけ走れとか言ってあります。そういう人が数人いる。
 
もう一つは、我が家の外国人軍団。今日から読み始めた人に解説しますが、僕は外国人旅行客のホームステイ受け入れをやっていて、今も、スペイン人男性が1人と、あと昨日、デンマーク女性が2人来たから、3人います。それに加えて、昔、うちに来て、うちの村が気に入って住み着いたフランス人がいますから、総計4名の外国人部隊がいます。彼らは別にスポーツマンじゃなくても、単純に若いですから。若いっていうだけで戦力です。
 
っていう感じで、アウトドア系の社員と、外国人部隊を揃えた結果、一昨年の3位、そして昨年の2位という大躍進です。さあ、明日が楽しみですね。13年連続優勝を止められるのか。それとも絶対王者3区の最強伝説は続くのか。日テレ系列で午前9時から6時間の生放送をすると思うので、ぜひチェックしてください。あ、初見の人に言っておくと、基本的にこういう嘘はフォローもせずに挟み込むスタイルで書いていますので。よろしくお願いします。
 
そうそう、さっきチラッと書きましたけど、昨日、デンマークの女の子が2人、来たんですよ。昼頃、町の観光協会から電話がかかってきて「道に迷っている外国人がいて、こちらの電話番号にかけてくれと言われたんですけど。だけど私は英語がわからないので、ちょっと話してください」って言われて。そしたら「Hi! Now we arrive in your town」みたいなことを言ってくるわけですよ。
 
誰? と思ったのが、正直なところ。というのは、何週間か前に「11月に行く」というメールを受けてはいたんですが、その後、特に連絡が無かったものだから、すっかり忘れていたんですよ。いや、実際いるんですよ。来るって言っておきながら来ないやつ。3割ぐらいいます。だから、そういう感じのだろうと思って忘れていたんですが、実際に来ましたよ。まじか、って思った。
 
彼女らが寝る場所の用意もしていないから、友人のゲストハウスを急遽、開けてもらって。で、彼女たちに「いきなり来るからビビったわー。連絡ちょうだいよ(英語)」って言ったら、え、フェイスブックメッセンジャーで送ったけど、と。
 
ん? メッセンジャーを開いても、無い。で、画面を見せたら、いや、そこじゃない、ここや、と。友達じゃない人からのメッセージが来たやつの欄ってのがあるのね。今まで使ったことなかったよ。そこに昨日、メッセージが来てた。12時に行くよ、って。ごめんねフェイスブック使いこなせていなくて。ま、そんなこんなで昨日、いきなりデンマークの女の子が2人、やってきましたよ。10日間ぐらい、いるらしい。
 
ま、明日の運動会の戦力が増えたから、ヨシとしましょう。運動会の「玉入れ」は、人数無制限で参加できるから、人が多いことはマイナスにはならないのです。さて。そんな彼女らは、今日は1日、ベビーシッターと、お掃除をお願いしましょうかね。デンマークで保母さんと、小学校の先生(臨時教育)をやっているらしいので、子供の相手はお手の物でしょう。
 
ま、そういう感じで、外国人に手伝ってもらいながら、山奥で暮らしている僕の雑多な話をお届けするのが、こちらの「和噺」となります。今までのメルマガの方も、これからのいろんな媒体の方も、どうぞよろしく。基本的に毎日お昼に配信します! また明日!
 
──【おまけのはなし】────────
 
さて。この、おまけのはなしは、メルマガオンリーでやろうかなと今は思っています。
 
なんていうか、読まれる努力もしないとね、みたいなところですよ。復活してから100日ぐらい書いて、よしいけるな、みたいな手応えも自分の中で出来てきた、みたいなのも、ありますね。この手応えっていうのは、外部からのものではなく、自分の中での、ね。書くペースがつかめてきた、というか。大体、この文章を、見直しまで含めて1時間ぐらいで書くんですが、そのぐらいの時間配分、生活リズムが出来てきたので、よし、読者層を拡大していこうか、というタイミングですね。
 
そんな感じです。引き続きよろしく。(^ ^)
 
──★バックナンバーはこちらから───
       Twitter @kato_nodoka
       Instagram katonodoka
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━