和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

資本主義の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/10/20
───────────────────
 
日曜日ですからね。ってわけでもないんですが、自由につらつらと書こうと思いますね。資本主義について考えます。
 
最初にサクッと言っておくと、資本主義の世界で成功するには、できるだけ「資本」を持つこと。資本主義とは、英語でcapitalism。じゃあcapitalってのはどういう意味かっていうと、資本・首都・元金・力の元、といった意味ですね。資本とは、力の元、です。何かを生み出すものが資本。お金がお金を産むのが資本主義、とはよく言われますが、お金を生み出すものが「資本」です。お金は、タンスに入れたら資本じゃないけど、預金をして利子がつけば、一応、資本(利率は低いけど)。
 
株券でも不動産でもいいんですが、お金を生み出してくれる「資本」を持つ。そうすれば、資本がどんどん膨らんでいきます。その資本を、時代や地域、つまりは環境に適した形態にすると、効率が上がる。そうやって資本を増やす行為を「投資」といいます。だから、正しい方向に投資すればするほど、資本主義では成果が得られます。
 
以上で、資本主義のライフハック的な話は終わり。ここからは根本的な話。では、その「資本」は何によって成長するのか。人間の欲求ですね。何かを欲して、それが法律や常識に反していない限り、資本主義の世界では「善」とされます。人間の欲求を集めれば集めるほど、資本は成長していき、世界のルールとなっていく。
 
この「欲求」を持たない人間、または人間以外の存在は、資本主義の世界からは外れてしまいます。子供・老人・動物・植物・障害者・自給自足、とかですね。まぁ子供はそもそも投票権が無いしね。僕は、0歳から投票権をあげるっていうのも、アリだと思うけれどね。親が代理で投票すればいいんじゃない? それに、小学生ぐらいになったら、自己判断で投票できるでしょ。テレビで小学校の問題のクイズをやっているんだから、じゃあ小学生が投票したっていいじゃない。とか思う。
 
で。子供について。資本主義の社会において、子供ってのは何も生み出さない負債ですわ。農村社会のように、自分の代わりに子供が働いてくれるとか、また、老いてからの面倒を見てくれるとか、そういう役割があるならいいけど、今の自由主義社会では、どちらも「個人の自由」の名のもとに、よくないこと、強制してはならないこと、とされます。なぜ自由の価値が高いのか。自由であれば、欲求が生まれ、資本が成長するからかな、と思います。自由と資本主義は相性が良い。
 
だから資本主義社会で子供が少なくなるのは当然ですね。だけど、損得とは別のところで、子供を持って一人前とか、親に孫の顔を見せたいとか、自分のDNAを残したいとか、まだ前時代の「常識」は残っていますから、まぁ一人か二人は子供を作っておくか、とかなりますけれども。リスク、高いですからね。一応、隠されてはいますけど。出産で母体が死ぬかもしれないし、障害児が生まれるかもしれないし、クソガキに育つかもしれないし、とにかく子供が「親の思う通り」になる可能性は、そんなに高くない。
 
欲望には「社会から認められる」という欲望もあり、子供や結婚というのは、その重要なパーツでしょうから、価値がありますけれども。個人の快楽だけを考えた時には、絶対に必要なわけではない。ただ、誰でもこの世に存在するからには、親がいるわけで、まぁ自分が大人になっても親が生きていたら、そこに自我の大事な部分を結構、預けているわけですよ。つまり、個人の自由や快楽と、社会性のせめぎ合いです。ましてや日本人は、家族や地域に自我を置く割合が欧米より高いから、そこが資本主義のブレーキにも、なる。
 
なぜ欧米で資本主義が発展したか。自我を個人に置いている割合が他の文化より高いから、というのは理由の一つだと思います。親子であれど基本的に他人、他者を尊重するーーというのは、向こうさんの言い分ですから良く聞こえますが、家族の繋がりが希薄である、とも言えます。個人の内面にこそ神性がある、すなわち個人が欲するものは善である、こういう文化は欲望の充足に対するブレーキが、比較的、少ない。だから資本主義的に強いんじゃないかな、と思います。
 
っていうか、そもそも欧米文化は、多神教文化があったヨーロッパに、押し付けられたキリスト教一神教)ってのがあって、それがしっくりこないから、キリスト教はコロコロと変化していく。イスラムは、自分が生み出したものだから、その辺の齟齬が少ないのだろうね、あまり変化しない。ま、今後、インドネシアとかから、新たな変形イスラムが出るかもしれないけど。で、変化するキリスト教の一形態が共産主義であり資本主義であると、僕は思うんですけど。だから、欧米文化にしっくり来るのは、当然も当然の話。
 
さて。今は資本主義に対して「環境」がブレーキとして立ちふさがっている感じがするけど、どうなんでしょうね。あれも裏では、誰かが「環境」を資本主義のタネにしている感じも、しなくはないですが。でも、ひょっとしたら、ストレートに「環境」を心配している可能性も、十分あるよね、と思う。
 
こういうことって、国会議員にでもなったら真相が分かるのかね。今は想像しているだけですが。意外とストレートに心配しているんじゃね?と思うのは、個人的な今までの人生経験から、世界のほとんどは、思っているほど賢くなく、思っているほど悪人でもない、と、僕が思っているからです。
 
となると、僕は世間一般より「ズル賢い」ということになるのかな。まぁ、いいや。僕は僕のことを普通だと思っていますので(みんなそうでしょ!)。で、資本主義は欲望の充足を目指す文明なのだけど、それだけでは人類やっていけないから、社会保障などのバランスをとる。資本主義と社会主義、どの辺を落としどころにするか。それは、各国の状況や歴史や文化を踏まえた上で、また世界情勢を踏まえた上での、政治的なバランスの問題ですね。
 
ま、我々が生きているのは(これを北朝鮮の人が読んででもいない限り)そういう社会ですので、それを踏まえた上で行動すると、いろいろと楽しかったり、気が楽になったりするんじゃないのかな、と思いますよ。資本主義とはいえ、生活保護みたいなセーフティーネットはあるんだから、好きなようにやればいいんですよ。社会のルールーー資本主義と法律ーーを踏まえた上で、好きなように生きる。社会を変えるとかデカイ話は置いておいて、社会を変えずに楽しく生きるなら、それが良いですよ。
 
──【おまけのはなし】────────
 
子供に内緒でスイッチを楽しむ親。私です。子供はwiiでもやってろ、と思う。wiiドラクエを1からやらせてみようかな。僕はドラクエ3が最初だったから、裏世界への衝撃を味わえていないんですよね。1からやらせて、きちんと衝撃を与えてやろうという親心。
 
──★バックナンバーはこちらから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━