和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

キノコの噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/10/10
───────────────────
 
いや、マジで寒くなってきましたね。今年一番の冷え込み。最近は毎日、気温や天候の話から入っていますけれども、なんかこういうのって大人ぽくて良いですね。社会人って感じがします。おはようございます。僕です。つい一ヶ月前までクーラーつけていたのに、もう暖房をつけたい勢いですよ。適温は無いのか、適温は。
 
何の話をしましょうか。毎度、何も決めないままに書き始めますからね。昔(9年前)は、もっと真面目にやっていた気もするんですよ。ノートに起承転結的な、ざっくりした構成を書いて、入れ込む小ネタなんかを書いて、とかやっていたと思うんですが。今は、一発書きです。ラジオの生放送のつもりでやっていますから。喋らないと(書かないと)放送事故になっちゃうでしょう、だから書く、みたいな感じ。そんな感じで、ゆるく毎日、書いています。
 
キノコの話をします。
 
うちの周りはシイタケの産地でして、原木シイタケの美味しいのが、農産物直販所に山と積まれています。普通サイズのシイタケが10個ぐらい入って100円とか。まぁ、超安いです。この季節になると、ドバッと出回りますからね。厚揚げや肉なんかと一緒に、適当に和風味で煮たりして、最高に美味しいです。
 
シイタケと一口に言いましても、大きく分ければ、菌床と原木って2種類、あるんですよ。原木シイタケってのは、丸太から育つシイタケです。クヌギとかナラの丸太に、シイタケ菌を打ち込んで、2年ぐらいすると、ニョキニョキとシイタケが生えてくる、というやつです。これが原木シイタケ、ね。
 
対して菌床(きんしょう)シイタケっていうのは、オガクズをベースに肥料とか薬とかを加えて固めて作った苗床に、シイタケ菌を入れて、シイタケを生やすっていうやつ。工場で育てるイメージですね。多分、スーパーで売られているほとんどのシイタケは、菌床シイタケです。パッケージにちゃんと原木か菌床か書いてありますから、見てみてください。
 
今、自分で「ほとんどは菌床」と言いながら、どれくらいかググってみようと思ったら、菌床の生産量が6万トンで、原木が7000トンだって。10倍ぐらい違うじゃん。原木は全体の10%だけじゃん。しかも普通、原木の方が高級だから、一般のスーパーに並ぶのは、ほとんどが菌床になるでしょうね。データ元はこちら↓
 
で。菌床シイタケって、マズイです。僕は別に味にうるさい方じゃないと思うけど、その僕でも、これはマズイな、と思いますからね。もわっとした匂いっていうんですか、蒸れた靴下みたいな風味があるんですよ。蒸れた靴下を口に含む性癖は無いから、想像で言っていますけど。全然違う。原木シイタケと菌床シイタケは、全然違う。コカコーラと、サンガリアのコーラぐらい違う。
 
シイタケが嫌いっていうお子さんは、というか嫌いな大人も多いと思いますが、多分、菌床シイタケを食べているからですよ。原木シイタケを食べてみてください。ちょっと、お高いとは思いますが、ウメェ、ってなりますよ。貝みたいな食感と、自然の風味と。大抵の人が、普通に好きになる味だと思います。
 
僕は、近所の直売所に行けば、原木シイタケが大量に安く売っていますから、シイタケ栽培なんて、やる気は起こらないんですけれども。シイタケ以外のキノコは、なかなか出回らないので、自分でやってみる気になりますね。今まで、ヒラタケ・ナメコ・ムキタケ、あと2種類ぐらい、キノコを育てましたよ。あと2種類ぐらい、っていうのは、そんなに美味しくなかったから、忘れちゃいました。認知症なので。
 
今まで育てたキノコのご紹介。まずは、ヒラタケ。一般でいうところのシメジです。自分で原木栽培すると、全然違う感じになるから、同じキノコとは思えないですけれどもね(ま、実際、シメジも何種類もあるから、違う菌を使っているだろうし)。原木ヒラタケ(シメジ)、すげー、でかくなります。傘の大きさがピンポン球ぐらいになります。で、これはメチャメチャうまい。田舎に住んだら、ぜひ栽培したらいいよ。あと、アホみたいに出来る。すげー取れる。どう料理しても、うまい。
 
ナメコ。うまい。超うまい。原木ナメコは、サクラの木が良いらしいね。近所で桜を伐採していたら、丸太をもらってきて、ナメコを植えましょう。あ、植える、ってのを説明していませんでしたね。丸太にドリルで穴を開けて、菌のついたクサビみたいなのを、コンコンと打ち込みます。ま、その辺はググって。とりあえず、ナメコはうまい。味噌汁とか最高。出汁はいらない。ナメコを茹でて、味噌を入れるだけ。でも、ナメコのベタベタ部分に枯葉とか虫とかがついちゃうから、その掃除がちょっと面倒くさい。
 
ムキタケ。そんなうまくない。皮をむいて、中身を食べるとかいう変わったキノコ。普通。うん、キノコの食感だね、って感じ。やっぱり、マイナーなキノコって、うまくないからマイナーなんですよ。メジャーなやつって、うまいからメジャーなんですよ。先述の「あと2種類」は、もっとうまくないから、忘れました。
 
エノキの木があるから、エノキダケも植えてみようと思いつつ、まだやっていないです。ま、キノコは楽しいですよ。一気にニョキニョキ生えてきますから。あと、畑の野菜みたいに、細々とした管理も必要ないから、家庭菜園でやるのも良いですよ。ホームセンターでも、すでに菌を植えたホダ木(丸太のこと)を売っているから、あんなのを家の脇とかに置いておいたら、勝手に生えてきて、これもなかなか楽しい。
 
山に入ってのキノコ狩り、ってのはやったことは無いんですが。なんか、松茸も生えているらしいんですけどね。たしかに赤松が、うちの敷地に何本も生えていますからね。どうしよう。やってみよっかな。いつ生えているのか調べてみたら、四国は10月上旬から下旬、だって。あれ、今、生えているかもね。探してみよっか。台風が来る前に。今日、天気いいし。そんな感じ。また明日。チャオ!
 
──【NEWS PICKUP】────────
 
インドのバンクシー、ストリートアートで社会問題を解決
 
道路のデコボコとかを、いつまでたっても行政が修理してくれないから、トリックアート的なペイントをして、バズらせて、行政を動かしたっていうインドの人の話。こういうのって面白いですよね。まともなことを、まともに話しても、大抵の人は聞かないんだよね。忙しいから。
 
──【おまけのはなし】────────
 
朝からガーナ人に催促されたインビテーションレター(招待状みたいなやつ)をプリントアウトし、サインをし、ハンコを押し、スキャンしてPDFで送り返す。なんか不法入国の手伝いをしているような背徳感。ガーナ人に対してハンコって必要なの?と思いつつ。
 
──★バックナンバーはこちらから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━