和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

慌てて書いた噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/09/09
───────────────────
 
最初に言っておきますが、今日、超絶忙しくて、メルマガを書く時間が10分です。今から10分で、なんかしら字数を埋めて配信します。そんなことに意味があるのかどうかも分かりませんが、配信しないと、あ、カトーさん死んだなと思われるので、なんか書きましょう。
 
昨日は道づくりという、集落が総出で道路の掃除をする日でした。朝の8時集合で、昼休憩を挟んで、終わりが3時とか4時とか。全部の道を掃除したら終わり、なので、雨などで作業が長引けば4時過ぎまで続けることもあります。
 
どんなことをするかっていうと、道の端に生えている草を刈る、それを熊手で集めて捨てる、最後にブロワーで吹き飛ばす、道が綺麗になって嬉しいね、という段取りです。4月に行われる「春の道づくり」と、9月の「秋の道づくり」があるんですが、秋の方が大変です。だって草が多いから。冬に草は伸びないから、4月は草量が断然、少ないんですよ。
 
ま、そんな秋の道づくりです。これも前に書いたと思いますが、道づくり、という名称ですが、道路を作るわけではなくて道路掃除ね。で、何で住民で道路の掃除をするかというと、その道は県道とか町道などの、自治体が管理している道ではなく、部落道(ぶらくどう)と呼ばれている、集落が維持管理するべき道だからです。集落が管理しない個人道(こじんどう)というのもあります。その人しか使わない道だったら、集落での管理はしないよ、ということですね。
 
うちの場合だったら、我が家から300メートルぐらいは僕しか使わないので、個人道になります。300メートル先に他の人の田んぼがあって、そこまでは他の人も使うので、部落道になります。大雑把ですが、そういう感じのくくり方。
 
で、今、ホームステイに来ているポーランドの女の子2人組も参加。あ、ちなみに、このポーランズは13日の金曜日ヒッチハイクで高知から大分に向かっていくらしいので、見かけたら乗せてやってくださいね。
 
話を思うがままにそらせますが、うちに来る外国人で「ヒッチハイクで来る」という人は、意外と多いです。20%ぐらいです。一番の理由は、安いから。というか、電車とかバスの価格というのが、欧米人からすると、異様に高いらしい。外食とか宿泊費は、まあそんなもんだよね、という価格帯らしいんですが、皆が口を揃えて言うのが、交通費が高い、と。
 
高速道路も、その価格を知るとビビりますからね。僕が高知市に行くのに、高速道路を30キロぐらい走るんですが、それで1000円近くかかるんですよ。それを知ると外国人、マジか、と。何でそんなに高いねん、と。普通、1ユーロぐらいやろ、というか、道を走って金を取られるって何やねん、という感覚らしいですね。ま、そんなこともあって、交通費を払いたく無いから、ヒッチハイクするんでしょうね。
 
ポーランズの女の子たちは、ヒッチハイクは今までやったことないんですが、僕がそんな話をしたら、ぜひやってみたいってんでチャレンジするらしいです。ちなみに、ヒッチハイクのベストスポットは、高速のサービスエリアです。成功率が一番高いらしい。うちに来たヒッチハイクの達人達が、口を揃えて言っていました。
 
高速道路のサービスエリアって、一般道から入る道があるんですよ。裏口、みたいな。そこから入って、段ボールに「大阪」とか書いたのを掲げると、1時間以内に捕まりますね。日本人は親切!ともっぱらの噂です、うちの周りでは。
 
さ、話を戻すと、そのポーランズは、道づくりの後にある慰労会にも出てくれたんですよ。ま、飲み会ですわ。そこで話していて衝撃的な事実。日本での飲酒運転は、血中のアルコール濃度が0.3%だけど、ポーランドは、もっと高い。2.5%ぐらいまで大丈夫。日本で言う「泥酔」レベルじゃないと、酔っ払い運転にならない。で、ロシアと文化が似ていて、ウオッシャー液にウォッカとか入れて(不凍液がわり)、それを飲んでいる奴が普通にいる。
 
96%のウォッカもあるんだけど、それは、そのまま飲むのじゃなくて、小さいショットグラスに入れて、気化したアルコールを鼻から吸うという、麻薬か、というような飲み方(吸い方)をする、と。怖いね、ロシア。ていうかポーランド。ちなみにお酒は18歳からOKだそうです。
 
──★バックナンバーはこちらから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━