和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

草刈ビジネスの噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/09/04
───────────────────
 
こんにちは。僕です。数日前からポーランドの女の子が2人、ホームステイで来ているんですよ。大学生で、日本語専攻なんですね。日本語がペラペラとまではいかないけど、まぁ何となく意思疎通はできるよね、という程度。この子たち、去年の今頃もうちに来ていて、今年はワーキングホリデーで半年間、日本に滞在して、そのうちの2週間ぐらい、我が家に手伝いに来てくれるって感じ。
 
日本文化研究しているから、色々知っているんですよ。信長、秀吉、家康のホトトギスの俳句も知っていたからね。僕は、信長は殺すよね、家康は待つよね、あれ、秀吉って何だっけ? と話していたら、そのポーランドの子が「Forced」で言って、ああ、鳴かせてみせようだったか、と逆に教えられた。そのぐらい日本文化を知っています。だけど、今、織田信長の子孫がフィギアスケートやってるよってのは知らなくて驚いていましたね。
 
まあ、人がいると便利ですねー。細かい家事とか、いろいろ頼めますから。「梅シロップの梅を取り出してニワトリにあげる」とか、そりゃやろうと思えば10分ぐらいで出来るんだけど、面倒臭いじゃん。家の周りの草刈りとか。家の周りは、根っこから抜きたいから、草刈機じゃなくて手でやりたいんですよね。そういう細かい仕事が無数にあるから、誰か来てくれると超助かります。サンキュー、ポーランド
 
いや、もう、ぶっちゃけ家政婦が欲しいですわ。柱の影から覗かれても構わないから、欲しい。住み込みのフィリピン人家政婦さんとか、いない? メルマガ読んでない? 住宅も紹介するよ。そういう派遣業者みたいなの、無いんですかね。ちょこっと調べたことはあるけど、東京近郊ならあるんだけどねー。四国は無い。興味ある人いたら連絡ください。
 
あと、欲しいのが草刈り要員ですよね。夏休みとか、東京からうちに遊びにくる人がいるんですよ。で、普段、彼は東京でデスクワークしている人だから、草刈りを喜んでやるんですね。自然の中で体を動かして、しかも、フルスロットルのマシーンで草をなぎ倒していくというのが快感らしい。一日中、取り憑かれたようにやって、それを一週間続けますからね。マジで一週間とは言わず、30年ぐらいいてくれないかと思いましたけど。
 
草刈りストレス解消法とでもいいましょうか。運動って、一番のストレス解消で、しかも頭もスッキリする。鬱病にも、何より効果があるのは運動だといいます。筋トレよりは、有酸素運動ね。年齢によって適切な心拍数は違うけど、(220ー年齢)×0.6ぐらいの心拍数をキープする運動が良いらしい。草刈りも、そのぐらいの心拍数いくと思います。
 
ランニングとかでもいいんだけど、生産性なく走っているよりも、人のため(僕のためだけど)になる草刈りの方が良いですよね。エンジン式草刈機だと、空気(排気ガス)が悪いから風上に向かっていかなきゃいけない、という縛りがあるけど、最近、マキタの良い草刈機を発見したんですよ。
 
以前、電動草刈機は良いんだけど、重量バランスが悪くって実用的じゃない、という話をしましたが、バッテリーを2個、取り付けられる草刈り機がマキタから出ているの。見つけたの。これ、買おうと思います。たぶんバランスが良くなっていて稼働時間も長くなっているから、使えると思いますよ。こいつで草刈りしたら、空気の良い中で、大自然の中で、有酸素運動しながら、しかもそれが仕事になるという、一石二鳥の草刈りができます。
 
心を病んだ人には、ぜひ草刈りを薦めたいね。そういうのがビジネスとして成り立たないかなとも、漠然と考えているんですけれどもね。都会のメンタルやられちゃった人たちに、田舎で草刈りしないか、と。高齢化が進んだ田舎では、自分の敷地の草刈りもままならない人は多いし、人に草刈りを頼むサービスが無い土地も多いですからね。少なくとも、うちが頼もうとしたら、シルバー人材センターしかありませんし。
 
で、そういうメンタルやられたけど体は元気、みたいな人を田舎に住まわせて、昼間は草刈りで体を動かして、ごはんをたっぷり食べて、疲れたら夜は寝るから、心身ともに健康になっていくんじゃないですか。それで元気になって、また都会に戻りたきゃ戻ればいいし、田舎にそのまま住み着いてもいいし。仕事は山ほどあるし。カウンセリングと肉体労働の一石二鳥のビジネス。
 
もっと言えば、刈った草って普通は「ゴミ」に出すんですよ。わざわざ、石油をかけて焼却場で燃やすんです。よくないよねー。エコじゃないよねー。温暖化するよねー。そこでヤギですわ。草刈りと並行して、ヤギ牧場を経営。ま、ヤギじゃなくて堆肥にしてもいいんだけど。メンタルヘルス→草刈り→ヤギの流れ。で、ヤギを定期的に供給して、モンゴルのヤギ鍋イベントを行う、みたいな。観光とも結びつけたりね。
 
ま、草刈りしたい人いたら来なよ! また明日! 元気でね!
 
──【NEWS PICKUP】────────
 
外国人駐在員の住みたい国ランキング、日本が最下位に近い
 
海外駐在員にアンケートをとり、その国(駐在している国)に住みたいかどうか、っていう回答をもらってランキングを作りましたよ、と。そしたら日本の順位がひどくて、総合ポイントは33カ国中、32位。メキシコや中国やインドネシアよりも低いという結果に。
 
特に子育て環境が悪い、と思われているようですね。まあ、そうだよねーと思う。旅行者として来る分には、ごはんも美味しいし、安全だし、良いけれども、実際に住むと収入は低いし、教育環境は悪いし、嫌だよねって話。なんか、日本人の実感ともマッチする感じですね。
 
──【BOOK REVIEW】────────
 
『アンティキテラ 古代ギリシャのコンピュータ』
 
沈没船から引き上げられた、なんか錆びた変な機械。歯車とかいっぱいあって、すげー複雑だけど、この沈没船って紀元前1世紀のやつなんだよね。キリストが生まれる前の時代なんだよね。そんな時代に、こんな現代っぽい機械があるの?どう見ても現代の機械にしか見えないんですけど?? という、オーパーツ「アンティキテラの機械」。
 
この正体は何なのか。謎に挑んだ人たち描くノンフィクション。この謎の解明にもっとも貢献した人物が、プロの研究者とかではなく、アマチュアの科学好きのおっさん、というドラマも熱い。ネタバレだけど、これはオカルトでも何でもなく、普通に2000年前に超すごい機械を生み出した文明があった、という話です。古代文明って、現代の人が想像しているよりも、ずっと進んでいるんだよね。面白いです。オススメ。
 
文庫本です。久々に、読者1名様にプレゼントします。このメルマガに返信で応募してね。
 
──★バックナンバーはこちらから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━