和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

田舎育児の噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/08/22
───────────────────
 
昨日、92歳の祖母を病院に連れていったんですが、2歳の子供の子守もしなきゃいけなかったので、2歳児を同行させたんです。そしたら、以前のメルマガでも話した「育児と介護の相性の良さ」がバッチリハマりまして。いくらでも同じ質問を繰り返したい2歳児と、認知症で短期記憶がバカになっている92歳の凸凹がフィットしました。
 
僕は車を運転していて、後部座席に92歳と2歳ですわ。どういう話の流れか知らないけれども、2歳「ネコは?」92歳「ニャーニャー」2歳「(爆笑)イヌは?」92歳「ワンワン!」2歳「(爆笑)ネコは?」(以下、繰り返し)が10分ぐらい続いていました。寸分違わぬやりとりが続くから、あれ、時が巻き戻ってる?とか思いましたもん。たぶん30セットぐらいやったんじゃないですか、このサイクルを。
 
どっちが先に飽きるのだろうか注目していたんですが、負けたのは92歳。30セット目ぐらいで「トリは?」と、新しいキャラを出してきましたよ。そしたら2歳児の顔に巨大なハテナマークが浮かんだらしく、92歳は自分で「コケコッコー」とか言ってましたからね。強いな、2歳児。1分前の話をリピートする92歳もかなわない、しつこさ、飽きなさ。そりゃ育児は大変なわけですよ(介護も)。
 
田舎暮らしは、育児に向いていると思います。特に、小学生以下は。いくつか理由を思いつくままに挙げましょうか。
 
まず、家が広い。単純ですが、家が広いと育児ストレスは減ると思います。ワンルームマンションで2歳児とずっと同居していたら嫌になりますが、広い家で一緒にいる分には、そんなに気にならないんですよ。目は届くけど遠い、ってのが理想ですね。単純にパーソナルスペースが広いって、ストレス軽減になるんですよ。ネズミだって過密な環境で育てたらストレスフルになりますからね。人間だって同じだと思います。
 
田舎育児の利点、その2。交通手段が車だから、どこに行くにも楽チン。子連れの電車とかバスなんて、軽い地獄じゃないですか。どこに行くにも車移動の田舎暮らしは、子連れには便利です。オムツとかの育児荷物も簡単に運べるしね。
 
他には、他人の視線が暖かいことかな。スーパーなどでの、良い意味での絡まれ率は、田舎の方が高いです。全然知らないおばちゃんから「かわいいねー」みたいに言われる確率は、田舎の方が高いと思う。都会だと、知らない赤ちゃんに声をかけて逆に不審者扱いされる、みたいなことを恐れるセルフコンプライアンス遵守が常識になりつつあるとも思いますが、田舎はほとんど無いですからね。逆に、それが嫌だという親御さんもいるでしょうが、まぁ僕は気にならないので。
 
騒いでも近所迷惑にならないのも良いですね。都会のアパートで育児とか、マジ地獄だと思いますが、田舎の一軒家、しかも隣が見えないような土地だったら、泣こうが叫ぼうが近所迷惑になりません。ちょっとギャン泣きされたら児童相談所に通報とか、されかねない昨今ですから。でも子供って、意味不明にギャン泣きするんですよ。そういう時も、隣が2キロ離れていたら、全く気になりませんね。純粋なギャン泣きストレスだけで済みますから。
 
また、子供が全裸でプール遊びとかしていても、全く問題ない。これも都会だと通報案件かもしれないですが、人目が無いからね。どんな格好でいようが、そこらへんを大声で走り回ろうが、全く問題ない。子供も楽しいだろうけど、何より、親のストレスが無いのがよろしいです。
 
と、いろいろな田舎育児の利点を挙げてきましたが、逆に、欠点も挙げておきましょうか。まず、ベビーシッターがいない。欲しいわー、ベビーシッター。どのサイトを見ても対象地域外。地元のシルバーさんにもいない。ちょっと1日だけ、みたいなのが田舎だと無理。田舎といっても「普通の田舎」は可能でしょうけど、うちは無理。
 
あと、通学がめんどい。これも、うちの特殊事情だけど、車で送り迎えしないと通学できないんですよ。公共交通機関も、スクールバスも無いから。そして歩いて行くのは不可能な距離だから。絶対に誰かが車で送り迎えをしないといけない。うちの小学校だと、半分ぐらいが車で送り迎えしているんじゃないでしょうか。小学校に車で来るなんて超セレブ感があるけど、ごく普通です。ていうか、歩いて来る子のほうが、学校の近くという中心街に住んでるってことなので、セレブ感あります。
 
余談ですが、うちにホームステイしていたけど、うちの集落が気に入って住み着いたフランス人がいるんですよ。バイトで、とか言ったら白タクとか言われそうだからバイトじゃなくてボランティアで、うちの子供の送り迎えを頼むことがあったんですけど。これって「フランス人の運転手に、小学校の送り迎えをしてもらっていた」とかいう、セレブ感半端ないエピソードになるなと思いました。かぐや様か、と思った。
 
──【NEWS PICKUP】────────
 
シカ猟師がジビエに挑戦するコラム
 
ニュースっていうより、ヤフーのコラムですが。ほんと、シカってめちゃめちゃ多いんですよ。シカの食害で自然破壊が起きているのって、全国どこでも見られると思います。オオカミを放すってのも一策だと思うけど、野生のクマでぎゃあぎゃあ文句が出る状態ですから、難しいでしょうね。
 
だから猟師さんが必要だと思います。だけど、この記事にも書いてあるように、シカ肉のほとんどって、ただ山に捨てられちゃうんですよ。もったいないよね。狩猟獣を美味しくするのって難しいんです。罠で捕獲したのなら、まだいいけど、この記事の人のように鉄砲で狩猟する場合は、当たりどころによって、肉に血が回って、美味しくならないですから。
 
とにかく、いかに血を抜くかが、美味しくするポイントらしいです。ヤギをさばいたモンゴル人も、血抜きのテクニックがすごいから、あの臭いはずのヤギ肉を美味しくいただけるんですよね。どの田舎も猟師さんを求めていると思います。
 
──【BOOK REVIEW】────────
 
 
本文の最後で言及したので。超有名だし映画化もされるし知っている人も多いだろうけど、ここ数年で読んだ漫画の中で一番面白いので、ご紹介します。ギャクマンガです。まあ、面白いとしか言いようがないね。未読の方は、ぜひどうぞ。
 
──★バックナンバーはこちらから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━