和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

物差しの噺

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        和噺   
                         R1/08/07
───────────────────
 
田舎暮らしをしたら幸せになると思います。なぜか。幸せというのは感情であり、相対的なものです。そして多くの場合、周りの人間と比べることによって、幸せとか幸せでないという感情が生まれるのです。田舎暮らしの良いところは、周りに比べる人間が少ないことです。
 
ミカンは大きいですか? グレープフルーツの横に置けば小さいですよね。キンカンの横に置けば大きいですよね。幸せっていうのは、そういうことです。そして都会では、多くの人が共通の価値観で生きています。その物差しーー幸せメーターがあって、それで幸せ度数を測る。結婚していたら幸せ、年収600万以上だったら幸せ、子供がいたら幸せ、一軒家があったら幸せ、とかね。
 
周りに人がいなければ、共通の価値観も無いんですよ。自分の物差しで測りやすい。人の影響を受けにくいのです。自分は本を買うお金と、ゆっくり読む時間があれば、それで幸せという人もいるでしょう。それはそれで正しいのです。その価値観で生きればいい。だけど、周りに人間がいっぱいいて、周りの人間がそういう価値観で生きていない場合、自分の価値観に自信を持って生きるのは難しいのです。それが、都会では幸せを感じにくい理由です。
 
現代日本に住んでいる限り、衣食住の心配なんて絶対無いのだから、幸せに生きるためには、自分の物差しを持てばいいんですよ。そして、その物差しを失わないようにすればいいんです。違う物差しを見ないようにすればいいんです。この「違う物差し」は、テレビとかインターネットの情報も含まれます。過去の思い出も含まれます。忘れろとか、見ないようにしろと言っても難しいから、単純に遠ざければいいんです。
 
だけど、やっぱり僕のミカンはどうしても小さく見えてしまう。そういう時はキンカンを見ましょう。オススメはサバイバル系のドキュメンタリーです。ベアグリルスとか、エドスタフォードとか、ネイキッドとか、アローンとか。衣食住があるって何て幸せなことなんだろうと思えます。体が丈夫なら、登山とかキャンプとかしてもいいんじゃないでしょうか。
 
「好きなことを、好きなようにやっていく」ことが出来る時代で、そういう生き方をすれば幸せに生きられると思いますが、ほとんどの人間は「好きなことを、好きなようにやっていく」ほどに強くないんですよ。どうしても、周りの影響を受けてしまう。だから、都会から離れた方がいいんです。田舎に住んだからといって、何かが得られるわけじゃないんですが、何かを失いにくくなると思うんですよね。それが、田舎暮らしの良いところ。
 
──【NEWS PICKUP】────────
 
「うるさい」「いい加減にしろ!」 とあるマンションの掲示板が「リアルな2chっぽい」と話題に
https://news.livedoor.com/article/detail/16884987/
 
マンションの一室から騒音が響いているらしく、それについてマンション住民の掲示板に書かれたコメントが晒され、ニュースに。テレビのワイドショーで、これを取り上げているのを見たら、マンション管理会社が「騒音の元となっている部屋がわからないので、特定までに1、2ヶ月かかるかも」とかコメントしていて驚きました。
 
こんなの、直接、見当つけた部屋にご挨拶をして話し合えばいいんじゃないの?と思うんですが。ぐちゃぐちゃ掲示板に書いたりしなくても、1日で解決することでしょう。コミュニケーションが全然ないんだろうなぁ。単身者が100世帯ぐらい入っているマンションだとか言うし。ふと思ったけど、僕の住んでいる集落って人口が百人ちょっとだから、こういうマンションの人口より少ないかもね。それで集落の面積は目黒区ぐらいあるからね。
 
知らない人が一緒の建物にいるって、怖いですよね。近所づきあいって、あったほうが安心するんですよ。生活が心地よくなるんですよ。まずは、挨拶からだね。こんにちはって言いましょう。
 
──【BOOK REVIEW】────────
 
『最高の体調』 鈴木祐
 
元はブログだそうです。こちらね。
 
基本的なコンセプトは、人間の体は原始時代のままだから、現代社会に適応できていない。そこをいかに適応させるかという、ライフハック集みたいな。原始社会に比べて、圧倒的に多い「カロリー」や「糖分」、そして少ない「睡眠」や「自然との触れ合い」などを、いかにその隙間を埋めるか、という方法論。
 
僕は、もっと根本的に「社会を変えるべき」と思っちゃうんですが、著者の鈴木さんはそういうことではなく、今の社会にいる中で、どうにか上手くやっていく方法を紹介してくれます。面白かったです。オススメ。でもキンドルだからあげられない。
 
──【AFTER WORD】────────
 
何日か前に紹介した本『ヨシアキは戦争で生まれて戦争で死んだ』の読者プレゼント、今までで一番の応募をいただいて、外れた方すいませんでした。どうやって当選を選んでいるかっていうと、適当にメールチェックした時に最初に目に入ってきたメールにあげています(笑)。メールチェックは1日何回もする時もあるし、外で仕事をしていて全くできない時もあるから、本当に適当です。
 
なので、なんか変な感想を書いたから選ばれなかったとか、逆にメルマガ褒めたから選ばれるとかは全然ないです。そして、この本は本当に良い本なので、外れた方も是非是非買って、読んでみてくださいな。よろしく!
 
『ヨシアキは戦争で生まれて戦争で死んだ』
 
──★バックナンバーはこちらから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━