和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

草刈りの噺

夏ですわー。梅雨明けですわー。草の勢いがすごいですわー。草。草。草。「草のびて 草に埋もれる 我が家かな」。どうですか、夏井先生。才能ないですか。
 
まあね。草刈りの季節ですよ。年中、草刈りしている気がしないでもないですが、特に草刈りします。夏です。昨日も、サクッと草刈りしててハチに刺されましたからね。草に巣を作るタイプのハチで、これは回避不可能です。そんな強力なやつじゃないんで、ポイズンリムーバーで吸い出してムヒ塗ったら、1時間ぐらいで痛みがなくなりましたけどね。
 
誰か草刈りしませんか? マジで。心を病んだ都会の人とか。いや、これは冗談抜きで、心を病んだ人に草刈りって効くと思うんですよ。草刈りリハビリ。草刈りカウンセリング。
 
草刈りって、やっている時、無心になります。草刈り中は意外と考えなきゃいけない事が多いからーー例えば、岩が草に隠れていないかとか、ハチがいないかとか、マムシがいないかとか、結構、神経を張り巡らせているんですよ。そういう中で体を動かす作業ですから、頭を使わない。考え事をする暇がない。筋トレとかランニングよりも、無心になれて、心をリセットするキッカケになると思うんですよ。
 
っていうのは、僕の知り合いで仕事が忙しすぎて心を病んだヤツが、1年に1回ぐらいウチに来て、3日ぐらいアホみたいに草刈りしていくんですよ。汗だくになって、で、スッキリして帰っていくんですわ。僕としても草刈り手伝ってもらえてWIN-WINですね。まぁ、根本は仕事が原因だろうから草刈りは対症療法でしかないんですが、なかなか効率のいい対症療法だと思います。
 
あと、もう一度、筋トレとかランニングを引き合いに出すけれども、筋トレよりも優れているのは「仕事」だってことね。草刈り。人の(例えば僕の)役に立つ。やってもらう側の僕が言うのはアレですが、人のために何かをするって、一番、心の健康に良いんですわ。体も動かせる。無心になれる。お腹が空くからご飯が美味しい。で、人のためになる。どうです、草刈り療法。我が家の耕作放棄地、刈ってみませんか。
 
さて。リクルートを終えたところで、草刈りトークします。一部の人には需要があるだろうから、今日は僕の草刈りグッズ、草刈りテクニックをお教えしますよ。
 
まずはマシン。僕の愛用機はホンダの4サイクル、UMK425です。もう10年近く使っているね。他に、2サイクルを2本と、電気式を1本、あとお亡くなりになったやつは歴代で3本ぐらいあるけど、ホンダのが一番、好きですね。ちなみに、ハンドルはU字です。2サイクルは、ホームステイの外国人が使ったりするヤツ。
 
世間では2サイクルがメジャーだけど、混合を作る手間と、あと排気が臭くて、エンジンもうるさいのが嫌ですね。電気式は、静かで排気も無いから、草の少ないところ(例えば家の周りとか)を刈るのには重宝しています。だけど、でかい草を刈るにはパワー不足、そしてすぐ電池切れになる。
 
あと、もう実名出すけど、マキタの草刈機はバランスが悪いよ。バッテリー側が軽すぎて、刃が沈む。重量バランスが劇悪。マシン本体が軽くても、バランス悪いと意味ないよ。バッテリー側にウエイトつけたらマシになると思うけど、そんな風に固定できるウエイトが無い。他の電気式は知らん。マキタはバランスが悪いからイラつくんだけど、でも電気の手軽さは魅力だね。時々、使っています。
 
ハンドルの話。もう、都会民には全く訳のわからない話を、今日は終わりまで続けますからね。2グリップは、僕は嫌い。怪我の危険があるから。どうしても、岩や切り株とかのキックバックが避けられない。だから、斜面では不便だけど、それでも僕はU字ハンドル派。これから草刈り道に入ろうという人は、2グリップはやめときなさい。ループハンドルは、何回か試したことはあるけど、しっくりこなかった。あまりメジャーになっていないところを見ると、U字の方が使いやすいんじゃない?
 
装備品。帽子、長袖、長ズボンは当たり前として。イヤーマフラーは、あまり使っている人はいないけど、僕は絶対に使います。疲れが違う。音ってストレスだから。これは、僕的には必須アイテム。もう一つの必須アイテムが、両肩掛けのバンド。草刈機にデフォで付いているのは片掛けバンドだけど、両掛けの方が絶対いい。アマゾンとかホームセンターで売ってますよ。二、三千円。あとは振動減少手袋。「しんげんくん」とかいう、ふざけた名前のヤツを使ってます。
 
デフォでついている小石ガードは、僕は取っちゃいますね。草量が多いと、刃とガードの間に草が入り込んで、どうにもならない。一応、今まで危険性を感じたことはないけれども。堂々とオススメはしないけど、僕は取っちゃっています。ガード。
 
あと、虫が多い場合は、赤い林業用の蚊取り線香ね。これが一番。そして、できれば風上に向かって切っていくこと。そうすると、排気も、蚊取りの煙も、吸わなくて済みます。面倒臭いけど、大きな場所を刈る時に、風上に向かって刈っていって、逆方向は歩いて帰って、また風上に向かってやる、とやると、空気がいいからオススメだよ。
 
刃は、一時期、8枚刃を研いで使ったりもしていたけど、最近はチップソーの使い捨てですね。これは土地によって違いが激しいと思うけど、うちの周りは棚田だらけで、とにかく石に当たることが多いので、すぐ刃が飛ぶんですよ。8枚刃もバリバリ裂けたこともあったし。林業用の、いちいち目立てする刃も使ってみたけど、なんだかんだでチップソーでいいや、ってのが現状ですね。チップソーも研げばいいんだろうけど、切れ味が悪くなる前に、大抵、石に当たって飛んでしまいます。
 
平地の田舎だったら、8枚で研いでやるってのもアリだと思いますよ。あと、僕みたいに面倒くさがりじゃなかったら、「平地用」と「石に当たるかも用」と使い分けるのも、いいですね。いちいち、刃を取り替えたりね。草丈の低いのと、高い(硬い)ので、使い分けてもいいと思うし。
 
あと、ナイロンコードは使ってないです。使ったこともあるけど、あれはもう、石が飛びまくって痛い。無理。エプロンみたいなガードと、フェイスガードつけて、防御完璧にするなら、アリ。海外(アメリカ)だと、ほとんどナイロンコードですけどね。あれは使いにくいよー。安全なのは分かるけど。
 
あとは何かなー。燃料を持って歩くのなら、ペットボトルがいいですよ。小さなリュックサックを背負って、燃料と替刃と飲み物とか入れて、遠出の草刈り。飲み物はカルピスね。お茶より水より、カルピスです。薄いやつ。10倍希釈ぐらいで。水分補給はカルピス一択です。
 
もう一つ。僕は使っていないけど、初心者や、棚田とかの、自分が落ちる危険性がある場所で作業するなら、ヘルメットした方がいいですよ。草刈り中にバランス崩して、頭から落ちて大怪我する人もいますから。僕は、本気で危ない場所をやるときは使うけど、普段はヘルメットしていない。2グリップの人はヘルメットした方がいいよ。あと、僕はメガネしているから、目のガードもしていないけど、裸眼の人は必須だね。メッシュのヤツが涼しくていいですよ。水中眼鏡タイプは、蒸れる。
 
以上、草刈りの話でした。みんな熱中症に気をつけて草を刈ろうね。昼間はできるだけ、避けようね。水分補給、しっかりするんだよ。ではまた。チャオ!