和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

家を建てる噺

田舎っていうと、人口が減少して空き家だらけ、というイメージがあるかもしれませんが。僕の住む集落の場合、実はあまり空き家がありません。というのは、そもそも住んでいる人が少ないから、家自体が少ない。全部で数十件くらいでしょうか。そして空き家の中でも、持ち主も貸してOKだし、そもそも人が住める状態になっている家は少ない。

だけど「土地」はいくらでもありますからね。だから僕は「山に住みたい」と言う人に対しては「土地を買って、家を建てちゃえばいいじゃん」と、よく言ってます。だけど大抵は「いや、それはねー。まずは貸家で。。。」とかいう返答になる。

「まぁ、都会と田舎の行き来をしたいのかもしれないし、賃貸の方が気楽なんだろうな」ぐらいに思っていたんですが。この間、その辺を掘り下げた話をしていて気づいたんですわ。純粋に、予算の話なんですね。そして予算に対して、僕と移住希望者の間に大いなる食い違いがあることに気づきました。

田舎の土地、まぁざっくり1000坪ぐらい買うとしましょうか。そこに、4人家族が住むぐらいの家を建てる。これにいくらぐらい金がかかると思いますか?

僕の感覚だと、まぁ500万もあればいいよね、ってぐらい。だけど普通、土地と建物と合わせて3000万ぐらいと思うんじゃないでしょうか。

普通の感覚だと、土地が数百万。雑誌の『田舎暮らしの本』の巻末に出ている土地なんか、そういう感じですよね。言っておきますが、あれ超高いですからね。ぼったくりですよ。

うちの周りは、棚田の跡地(耕作放棄地)が多いのですが。そのへんの相場だと、まぁ1000坪(3反ぐらい)で50万も出せば精々でしょう。坪、500円。そんなもんです。それより安いのもあります。山林だったら、1町(3000坪)で10万とかもある。

まぁこの辺は、実際の相場がないので(取引自体が極少だから)ケースバイケースなんですが。使い道のない「自然の土地」は、そんなものです。

で。建物の話。セルフビルドで建てるのなら、材料費が100万円あれば、そこそこの家は建つと思いますけれども。僕の経験からいえば(この9年で家を3つと倉庫を1つ建てたよ!)、素人のセルフビルドってのは効率が悪いです。

結論を言いますと、おすすめの方法は「大工さん(個人事業の人)を雇って、屋根まで作ってもらって、あとは自分でやる」が最もコスパがいいです。余談だけど、コスパって言葉は嫌いなんですけどね。分かり易いだろうから使いましたが。

ちなみに、設計は自分でやりましょう。何、難しく考えることはありません。間取りを考えたら、あとは大工さんが適当に作ってくれます。逆に言えば、そういう感じの仕事をしてくれない大工さんを雇ってはいけない。

あ、やばいな。世の中には建築基準法ってのがあるらしいじゃないですか。一級建築士とかいう資格があるとか、耳にしたことがあります。まぁ、僕のこのメルマガは夢日記ですからね。そうしておきますよ。保身ですわ。違法行為を薦めるものではありません。あくまで、僕の夢日記です。本当の僕は北千住の地下500メートルにあるCIAの研究所の水槽に浮いている脳味噌ですから。

まぁ、自分で適当に設計したら大工さんが何とかしてくれますわ。大工さんの日当は地域によって違いますが、田舎だったら2万ぐらいまで、でしょうかね。3万は取りすぎだと思います。

「屋根を作ってもらうまでやる」というのは、土台を作って、柱を立てて、屋根をかけるところまで、です。テレビの「ビフォーアフター」で、匠(たくみ)が「こりゃひどい」とか言いながら、土台と柱の接合部が湿気でグダグダになっている場面、あるじゃないですか。あの時、家は半分解体されて、柱と屋根だけになってますよね。あの状態です。あそこまでは大工さんと一緒に作りましょう。

あとの壁とか床とかは、内装ですから。どうにでもなります。ホームセンターでフロア材とか厚板とか買ってきて張れば、家になります。そんなもんですよ、家って。窓とかドアとかは、ネットで買いましょう。めちゃ安いアウトレット品とかあります。

っていう感じで作るとね。300万もあれば十分、立派な家が建ちますわ。土地が100万、家が300万(そのうち大工さんの雇い賃が100万ぐらい)。

最初に500万もあれば十分だよね、と言いましたが、残りの100万は何に使うかというと、ヤフオクとかでプレハブ小屋(工事現場の事務所みたいなやつ)を買って、組み立てて、工事期間中の寝泊りの小屋として使いましょう。そこに住みながら家を建てるんです。

土地を買う。小屋(プレハブ)を建てる。家を建てる。って順番です。家ができたら、プレハブ小屋は倉庫とかゲストハウスとして使用しましょう。そんな感じが、僕が想定する「土地を買って家を建てちゃえばいいじゃん」の中身です。

でも、普通は家を建てるというと、住宅ローンを組んでハウスメーカーに注文して、みたいなことを想像するらしいので。その辺のズレがあったことに、最近気づきました。まぁ、みんな家にお金をかけすぎですわ。家なんて、そんな大層なものじゃありません。ノリで建てるぐらいで、ちょうどいいんですよ。