和噺

まぐまぐで配信中のメルマガ「和噺」の過去ログです

9年ぶりの噺

メルマガ「都会育ちの田舎暮らし」を1000回書いて、最終回と銘打ったのが2010年6月14日ですって。9年前ですよ。9年前。それ以来の久しぶりのメルマガです。お久しぶりです。こんにちは。僕です。僕は元気です。みなさんは元気ですか? ごはん食べてますか?( ´∀`)

さて。インターネットがつながりましたので、ね。復活させますよ、メルマガ。ただ「都会育ちの田舎暮らし」は最終回と言ってしまったので、新タイトル「和噺」としてお送りします。何を書くとかは特に決めていないですけれどね、みなさんの日々の楽しみの一つになることを目指して、書いていきますよ。

ざっくり、この9年間、何をしていたかというと。まぁ、その前に9年前のおさらいといきますが。僕はもともと東京出身なんですが、かなりのド田舎に引っ越して、その暮らしとかをメルマガで書いていたんですね。その「都会育ちの田舎暮らし」を3年ちょっと毎日、1000回配信しました。偉いですよ。国民栄誉賞クラスですよ。

で、その中でもお伝えしましたが、山奥に土地を買って(その時点では僕は地方都市に住んでいて、山奥に住んではいない)、これからそこで暮らそうかと。子供も2人生まれて。そんなところで区切りをつけて、「都会育ちの田舎暮らし」を終わらせたんだと思います。あやふやな記憶の中で過去ログを確かめもせずにお送りしていますが。

その後、山奥に家を建てて、主に育児をしながら暮らしていました。ヤギとかヒツジとかも飼ったりしました。「ポツンと一軒家」って番組があるらしいじゃないですか。

らしい、というのは我が家では見ることができないので(電波が入らない)ネットニュースとかを通じての伝聞でしかないんですが。あんな感じの暮らしです。我が家から見える(自己所有以外の)人工物は、はるか向こうの山の尾根筋にある高圧電線のみ、というくらいの山奥です。いつ「ポツンと」のロケ隊が来ても不思議じゃないと思っているので、羊羹と日本茶を玄関にセッティングし、世田谷ベースTシャツを着て待ち構えています。そんな感じで暮らしています。

何が無いって、ね。インターネットがなかったんですよ。この9年間。この辺の詳しい話はまた後日お届けすると思いますが、光回線がうちに来たのが去年のこと。それからアマゾンプライムビデオとか見まくって、「OKグーグル音楽をかけて」なんて言っちゃったりして。そんな現代生活に心身ともに慣れ親しんだ頃。そういえばメルマガやってたなと思い出しまして。

9年ぐらい経っているし、当時のメルマガ読者の大半はすでに天寿を全うしているでしょうけど、ひょっとしたら16人ぐらい生き残っているかもしれないし、そのうち3人ぐらいは復活配信を待っていてくれて3分おきにメールボックスのチェックを9年間続けているかもしれない!申し訳ない!これは即刻配信してその3人の方々の精神を安定させなくては!という強迫観念にかられたので、メルマガを復活させることにしました。

お久しぶりです。僕です。( ´∀`)

このように、無駄と嘘をミルフィーユ状に積み重ねた文章をお送りするスタイルです。いいんですよ、1分1秒の無駄なく生きようとしている人は、こんなものを読むはずないんですから。1日のうちの18時間40分ぐらいは暇な人ってのを想定読者にしていますから。だから遠慮なく無駄話を続けていきます。

とはいえね、初回から、しかも9年ぶりの配信で無駄話ばかりというのも自虐的だし、よろしくないですから。役立つ話の一つぐらいしましょうか。ザーサイと豚肉の麺の話をします。

思えば9年前はほとんど料理なんかしたことなかった僕ですが。今や料理スキルたるやケンタロウの域。と書いて、あれそういえばケンタロウさんはバイクで事故って大変なことになったんだっけと思ったけれど、他に例えられる料理おじさんが思いつかない。金萬福じゃ面白くないし。しょうがないからケンタロウさんのままでいきましょう。憂いなくメルマガのネタに使えるよう、元気に復活されることを願っております。

さて、そんな僕ことケンタロウが最近、これは楽だしウメェと思っているのが、前述の豚肉とザーサイの麺。特に、今日は買い物に行っていないから冷蔵庫に何もないよ、豚肉とザーサイと麺しかないよ、という時に重宝するレシピです。

まずは豚肉、コマ切れでも挽肉でもいいんですが、中華鍋で炒めます。中華鍋がなかったら(最近はIHの家庭も多いしね!)普通の鍋でも構いません。炒めたら、お湯を投入。水でもいいですよ、そのうちお湯になりますから。ただ、お湯を入れた方が中華料理ぽくてテンション上がるので、別のヤカンとかでお湯を沸かしといて入れるのがケンタロウスタイルです。ちなみに、中華鍋の方が「ぽい」のでオススメというのも、ケンタロウスタイルです。

で、そこにザーサイを一瓶まるごと投入。中華スープの素とか、オイスターソースとか、醤油とか、適当なもので味を整える。別茹でした麺、これは中華麺でもウドンでもいいですわ、器に盛って、麺をかけて完成。ネギがあったら最後に散らしたらいいですわ。非常に簡単でウマイです。ぜひ、冷蔵庫に豚肉とザーサイと麺しかないって時に作ってください。

こんな感じのお役立ち情報も時折まじえつつ、3人の読者の心をがっちりとつかんで離さぬようなメルマガを書いていこうと思いますよ。

とはいえ、何のお題も無しに書くのも、あまりテンションが上がりません。このままでは、明日は「おいしい麻婆豆腐の作り方」を配信する羽目になりそうです。なので、3人の読者の方々、もし僕に書いて欲しいテーマだとか、そんなものがありましたらメッセージをお送りください。このメルマガに「返信」するか、矢文を我が家の茅葺き屋根に打ち込んでいただくことで対応いたします。

あとこれはあまり確実ではない方法なのでオススメはしませんが、公園にいるハトの中に、左足に緑色のリング、右足にピンクと水色のリングが2本ずつはまっているハトがいましたら、それは僕の伝書鳩です。うまいこと捕まえて、左足の緑色のリングにメッセージを書いた耐水紙を結びつけて、「ラキシッタエルート」と3回、ハトに伝えてください。

カタカナだとうまく表現できませんが、「ラ」はイタリア人の巻き舌っぽい「ラ」、「タ」と「ト」は舌打ちをするような「タ」と「ト」です。「エ」は、ゲロを吐く寸前の「エ」です。「エ」に濁点がつく感じの「エ」です。

そうしたら、半々くらいの確率でハトが我が家に帰ってきます。全国に約331羽、僕の配下の伝書鳩がいますので、どうしてもメルマガへの返信はしたくない、だって返信したらIPアドレスがバレてCIAに突入されるかもしれないじゃないか、だって僕はロシアのスパイなんだからあああああ!という方は、この方法をお試しください。もしくは矢文。

まぁ、こんな感じですよ、基本は。そういやね、2ヶ月前にもこんな感じの駄文を書いて新生「都会育ちの田舎暮らし」を配信したんですよ。そしたら、配信数が0。あれ、メルマガを発行していたのは僕の妄想だったのかな、と思ってカウンセリングを受けたりもしたんですが、何だかんだあって、以前の登録アドレスが復活でき今日の配信に至ったというストーリーがあるんですが、それはまた別の噺。ではまた明日。チャオ!( ´∀`)